喪中はがきのマナー夫婦連名の書き方と文例 知らなきゃ恥

マナー

年末に向けて、親族がなくなった場合に出す喪中はがき。

喪中はがきは、年賀状の準備が一般的に行われる12月上旬までに

出すのがマナーです。

喪中が義実家の場合の続柄や、夫婦連名での書き方、

そもそも夫婦連名でもいいのかなど、

どうしらいいの?という不安や疑問はたくさんあると思います。

 

今回は、そんな喪中はがきを書くときの注意点や文例、

続柄の書き方などをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

喪中はがきは夫婦連名で書くのが正解?

結婚していて、自身や配偶者の両親・祖父母が亡くなった場合。

喪中はがきは夫婦連名で書くのか個人名で書くのか、

どちらが正解なのでしょうか。

 

もともと喪中はがきの意図としては、

「喪中のため、新年の挨拶となる年賀状を出せません」

ということを通知するためのものとなります。

ですので、差出人の名前は年賀状を送るときと同様にすると考えて

問題はありません。

普段から年賀状を夫婦連名で出していたのであれば、

喪中はがきも夫婦連名にするのがいいでしょう。

 

ただ厳密な決まりがあるわけではありませんので、

個人名でも問題はありません。

友人には連名で、仕事関係者には個人名、というだしわけもできます。

 

喪中はがきの文例と続柄の書き方を分かりやすく

「年賀欠礼状」ともいう喪中はがき。

喪中はがきの文面はいったいどのような構成になっているのか、

順番に見ていきましょう。

具体的な例を、後にサンプルとしてあげていますので、

そちらとあわせて確認してみてください。

 

  • 年賀欠礼の挨拶

「喪中につき年末年始のご挨拶を謹んでご遠慮申し上げます」

といった挨拶が喪中はがきでは最初にきます。

一般的な季節の挨拶や近況報告はいりません。

「拝啓」や「敬具」などの言葉も不要です。

 

2.誰がいつ何歳で亡くなったか

具体的な日付や年齢は省略することもできます。

年齢は、数え年で書くのが一般的ですが、

最近は満年齢でも問題はありません。

「享年〇歳」と書く場合は、数え年で書くようにしましょう。

 

また、ここでポイントとなるのが続柄をどのように書くかです。

続柄で一番悩むのは、配偶者の義理の父母の場合だと思います。

基本的な決まりとして、差出人を連名にする場合に書く続柄は、

差出人の一番目の名前の方から見た続柄を書きます。

また、配偶者の両親が故人の場合、「義父」「義母」ではなく

「父」「母」と書いた後にフルネームで名前を書き、名字からどちらの

両親か判断してもらうことも最近では多くなっています。

 

では、一般的な続柄の書き方の例をあげておきます。

 

夫・妻の場合:主人・夫・家内・妻

両親、義両親の場合:父・実父・義父・母・実母・義母

スポンサーリンク

配偶者の父母の場合:父・母・義母・岳父(妻の実父)・丈母(妻の実母)

 

  • 故人がお世話になったことに対するお礼と結びの言葉

お礼と結びの言葉には特に決まりというものはありません。

サンプルの文例はインターネットや印刷会社などでもいろいろ

準備されていますので、一番合うものを組み合わせたり選んだりしましょう。

 

4.日付と差出人

日付に関しては、投函した日や作成日に関係なく、

一律で12月と書くのが決まりです。

喪中はがきの場合は年月のみで日は不要です。

また、西暦ではなく和暦を使うのも間違えないようにしましょう。

 

では、具体的な文例を2パターンほどあげておきます。

 

パターン1

喪中につき年末年始のご挨拶を謹んでご遠慮させていただきます

本年○月○日に父 ○○が永眠いたしました

生前賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに

明年も変わらぬご厚情を賜りますよう謹んでお願い申し上げます

時節柄、一層のご自愛のほどお祈り申し上げます

 

令和○○年○月  住所・名前

 

パターン2

喪中につき年頭のご挨拶を失礼させていただきます

祖父 〇〇が〇年〇月に〇〇歳で他界いたしました

永年のご厚情を深くお礼申し上げますとともに

明年も倍旧のご厚誼のほどお願い申し上げます

皆様が健やかなる新年をお迎えになりますよう

心よりお祈り申し上げます

 

令和○○年○月  住所・名前

 

また、喪中はがきを出していなかった人から年賀状を受け取った場合は

どうすればいいのか?はこちらにまとめています。

喪中の時に年賀状の返信は?喪中はがきの意味と年賀メールの返信も

喪中はがきの住所の書き方 表に書く?裏に書く?

差出人について、喪中はがきの表面と裏面のどちらに書けばいいのか。

これも実はどちらでも大丈夫です。

専門の印刷業者や、無料のテンプレートを使用すると、

そのまま裏面に書くことが多いようです。

表と裏の両面に書くことだけはないようにしましょう。

 

表面であれば切手の下部分、裏面であれば左下部分に、

住所と名前がおさまるように書きます。

表に書く場合は、送り先の宛名よりも小さい文字で書きましょう。

印刷用のテンプレートを使ったりすると、文字の配置のバランスが

調整しやすくて楽なのでおすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

喪中はがきは差出人にとっても故人にとっても

感謝の気持ちを示す大事なものです。

余裕をもって準備をしたいところですが、無理な場合もあります。

12月中旬や年末になって喪中になり、用意が間に合わない時や、

年賀状を出してしまった後に喪中になってしまった時。

そういう場合は、事情を書き添えた寒中見舞いで

お返しをするようにすれば大丈夫ですよ。

 

できる限りで大丈夫ですので、マナーを守って

喪中はがきを送るようにしましょう。

 

また、喪中はがきをだしてから迎えるお正月の過ごし方は

こちらにまとめています。

喪中のときのお正月の過ごし方、みんなはどうしてる?

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました