高校生の補導時間は愛媛は何時から何時まで?

生活


友達と遊んでいたら、つい時間を忘れて

帰宅が遅くなった。

コンサートに行ったら帰りが遅くなった。

とか、ありがちですよね?

でも、あまり遅い時間だと補導の対象になります。

そんなことにならないように、

愛媛の補導時間が何時かチェックしておくといいですよ。

高校生の補導時間 愛媛では?

午後11時から午前4時までは正当な理由なく

大人と一緒でも外出できません。

しかし、保護者と一緒または保護者が認めた

場合は外出OK!

保護者は子供が夜間遅くまで外出しないように

努めなければなりませんけどね。

愛媛県青少年保護条例によると

第12条 保護者は、みだりに青少年を夜間遅くまで

外出させないように努めなければならない。

2 何人も、正当な理由がある場合を除くほか、

保護者の委託又は承認を受けないで、

深夜(午後11時から翌日午前4時までの間をいう。以下同じ。)

に青少年を同伴して外出してはならない

となっています。

青少年って何歳から何歳まで?

愛媛県青少年保護条例第3条(定義)によると

青少年とは6歳以上18歳未満(婚姻した女子を除く)

となっています。

18歳未満ということは、18歳になった高3生は

外出OKかというと、この条例上では青少年ではないので

OKということになります。

しかし、ほとんどの学校の校則で深夜の外出は

禁止か慎む(努力目標的な)ことになっているはずです。

学生ならそんな遅い時間に正当な理由や親の許可なく

スポンサーリンク

外出することはありえませんよね?

塾で帰宅時間が遅くなった時や

コンサートに行っても遅くなることを親が承諾している場合

などは正当な理由なので補導の対象にはなりません。

職務質問くらいはされることがあるかもしれませんが、

悪いことをしているわけではないので、

堂々と本当のことを話しましょう。

補導されるとどうなる?

23時以降に正当な理由なく外出していたら、

補導対象になります。

その時、保護者は青少年を監督する責任があるので

注意の電話がくることになります。

責任もないので連絡はいきません。

明らかな非行の場合は学校も協力を求められます。

まとめ

愛媛県の深夜外出で補導される時間帯は

23時から翌4時まで

保護者の許可や正当な理由がある場合は

補導の対処になりません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました