着物の着付けはひとりでできる!意外と簡単着物の着方

生活

お子さんの大切な行事がある時は、

洋装ですか?和装ですか?

 

七五三など、日本の伝統のお祝いの時は、

せっかくだから着物が着たいですよね(^-^)

 

着物って、着るのが難しそう!と

思う人は多いと思いますが、

着物の着付けはひとりでもできるんです。

 

やってみたら「意外と簡単だった!」

と思うかも(^^)?

 

今回は、着物の着付けについて、

簡単にご説明します。

スポンサーリンク

 

知らないと恥をかく!着物の着付けはどっちが前?

着物の着付けができる人は少ないですよね。

 

「着物って、どっちが前だっけ?」と、

知らない人はたくさんいます。

 

着物を着る時は、

左の襟が前にくるか、

右の襟が前にくるか、

この基本を知らないで反対に着てしまうと

恥をかいてしまいます(^^;)

 

着物は「右前」です。

 

「右前」なんですが、

自分が着た着物の右側が上にくるわけではありません。

 

着物の左側の身ごろが、右側の身ごろの上になります^^

 

着物を着る時は、

右手に持つ着物の右側の身ごろを先に体に巻くので、

右側が下になります。

 

これは「下前(したまえ)」と言います。

 

左手に持つ着物の左側の身ごろを、

下前の上に重ねるので、左側の身ごろが上になります。

 

これは「上前(うわまえ)」と言います。

 

「前」というから、

自分から見て右側の身ごろを上にするのだろうと思うと、

反対になってしまうので注意してください!

 

 

着物の着付けはどの順番できればいい?

 

まずは、下着から帯までの着付ける順番を

ざっと説明すると、

 

(1)肌襦袢と裾除けを付ける

(2)足袋を履く

(3)長襦袢を着る

(4)着物を着る

(5)帯を結ぶ

 

以上、5ステップです(^-^)

 

最初の「肌襦袢と裾除けを付ける」ですが、

今はワンピースタイプの「着物スリップ」があるので、

それを使う方が簡単ですよ。

 

では、(4)の「着物を着る」についてご説明しますが、

必要なアイテムが2つあるのでまず準備しましょう。

スポンサーリンク

 

必須アイテムは、「鏡」と「衣裳敷」です。

 

ひとりで着付ける場合には全身が見える鏡が必要です。

 

そして、着物にほこりがつかないように、

衣裳敷を下に敷きましょう。

 

では、着物の着付けの順番です(^o^)

 

1.まず、着物をはおり、袖を通します。

 

2.衿先と掛け衿をそろえ、

着物の背中の縫い目が背中の真ん中にくるように調整します。

 

3.裾の位置を合わせます。

衿を持ち上げて、裾の位置を床スレスレのところにします。

裾が上がり過ぎるとカッコ悪いので気をつけてくださいね。

 

4.下前の位置を合わせます。

身ごろの右側を、胴の左側に巻き込みます。

この時、裾が少しだけ上がるようにします。

 

5.次に、上前です。

身ごろの左側を下前に重ねます。

裾は少しだけ上がるようにします。

 

6.右手で腰紐を持ったら、

右脇に当ててくるりと後ろへ回し、腰紐を締めます。

しっかりと結んで、

あまった腰紐は紐の間に入れ込んでください。

 

7.両脇の身八ツ口から両手を入れて、

後ろのおはしょりと前のおはしょりを整えます。

 

8.衿を整えます。

下前がゆるまないように気をつけながら、

胸紐で押さえます。

 

9.胸紐を胸の下の位置に当てて、

背中で交差し、しっかりと締めます。

 

10.次は伊達締めです。

伊達締めをお腹の前に当てて、

脇から背中に回して交差させます。

前に回した伊達締めを2回結びます。

あまりは脇に挟みます。

 

11.おはしょりにシワがないか確認し、

まっすぐに整えます。

 

着物の形が整ったら、帯を締めます。

 

ひとりで着付けをする時は、

作業しながら小物が手に届くように、

あらかじめ近くに準備してください。

 

道具を取るために動き過ぎると、

せっかく締めた紐や着物の位置がずれてしまいます^^;

 

 

まとめ

 

どうですか?

 

着物の着付け、ひとりでできそうですか^^?

 

何度も練習が必要だとは思いますが、

慣れてくれば早くなると思います。

 

洋服と違って、着ている間に着物がゆるんでくるので、

しっかりと締めることが肝心です。

 

着るのも脱ぐのも大変な着物ですが、

やっぱりいいですよね~

 

着物を着ると気が引き締まる感じです。

 

着物の着付けがひとりでさっとできるようになったら

ステキですね(*^_^*)

 

最初は大変だと思いますが、がんばってください!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました