【秘伝】美味しい天ぷらを食す!天ぷら粉の作り方

生活

おいしい天ぷらを作るためには

“おいしく揚げるコツ”を知ることが大事です^^

 

コツは、

・新鮮な食材を使う

・専用の天ぷら鍋を使う

 

…他に大事なポイントは?

 

「おいしい衣を作る」!

 

これも大事ですね~

 

外食で天ぷらを食べた時に、

その天ぷらがおいしいか、おいしくないか決める時って、

具材よりもまず、

「衣がおいしいか、おいしくないか」

で判断するのではないでしょうか!?

 

おいしい天ぷらを作りたい人に、

おいしい衣を作るための「天ぷら粉の作り方」をご紹介します(^-^)

スポンサーリンク

 

一度は知っておきたい天ぷら粉の作り方 プロの場合

 

おいしい天ぷらの「衣」、

プロはどのように作っているのでしょうか?

 

プロの天ぷら粉の作り方を見てみましょう。

 

以下は、料理研究家の渡辺あきこさんのレシピです(^o^)

 

卵黄(Mサイズ) 1個分

冷水 3/4カップ
小麦粉 1カップ

1.ボウルに卵黄を溶いて冷水を混ぜ、小麦粉を一度に加える。

小麦粉はふるったほうが失敗は少ないが、

固まりがなければ、そのままでOK。

練らないように、菜箸をたたくように使ってまぜる。

2.粉けはなくなるが、だまは残っているくらいが

混ぜ終わりの目安。

3.ころもをつける前に素材の水けをよく拭き取ることが大切。

小麦粉を薄くはたいておくと、ころもが均一について、

揚げたとき、はがれにくくなる。

 

(引用)オレンジページnet「天ぷら」

 

小麦粉と水・卵の全部を“完全に混ぜ合わせない”のがプロの技。

 

小麦粉・水・卵がきれいに混ぜ合わさってはいるけれど、

小麦粉が少しだまになって残っている、

くらいがちょうどいいんですね^^

 

混ぜると小麦粉の成分のグルテンが粘りを出すので、

グルテンをできるだけ抑えるために、

完全に混ぜ合わせてしまわない方がいいのです。

 

 

ベーシックな天ぷら粉の作り方 小麦粉編

では、ベーシックな天ぷら粉の作り方を見てみましょう。

 

サクサクの天ぷらを作るためには、

衣は冷えている方がいいのです。

 

水は冷水を使い、

卵も冷蔵庫から出したばかりのものを使いましょう(^-^)

 

<天ぷら衣の作り方>

材料(約4人分):

薄力粉 2カップ

冷水(氷水)360ml

卵 1個

 

①ボウルに卵を割りほぐし、冷水を加えて泡立て器で混ぜ合わせる。

 

②薄力粉をふるいいれ、菜箸でざっくりとだまが残る程度に合わせる。

ぐるぐるとかき混ぜるのではなく、軽くたたくように混ぜると

ねばりが出ません。

 

揚げていくうちに衣が少しずつ重くなってくるため、

たくさんの天ぷらを作る場合には冷水と卵を溶き混ぜたものを

2〜3のボウルに分けておき、その都度薄力粉と合わせるほうが、

常によい状態の衣を使うことができます。

揚げている最中には、天ぷら衣の入ったボウルが

温まってしまわないよう、鍋の近くに置かないようにします。

 

(引用)クックパッド「サクサクの天ぷらを作る基本」

 

 

卵アレルギーの人なら天ぷら粉の作り方 卵なし

ご家族の中に卵アレルギーの人がいたら、

普通の天ぷら粉は使えませんね。

 

そんな場合は、卵の入っていない天ぷら粉を作りましょう!

 

<卵のいらない天ぷら粉 レシピ・作り方>

材 料(2~3人分)

小麦粉50g

片栗粉orコーンスターチ10g

塩2つまみ

水90cc

 

作り方

(1)ボウルに水以外の材料をいれます。

スポンサーリンク

 

(2)1に水をいれさっくりと混ぜます。
こねこねしないで箸でさっくりな感じでいいですよ♪

 

(引用)Rakutenレシピ

「卵のいらない天ぷら粉 レシピ・作り方」

 

 

簡単にできる天ぷら粉の作り方 マヨネーズ使用

ベーシックな天ぷら粉であれば卵を使いますが、

卵をマヨネーズに変えてもおいしいですよ!

 

それに卵ではなくマヨネーズを使うと、

卵を入れた時よりも衣がサクサクになるんです(*^^*)

 

マヨネーズの方が卵より水分が少ないからです。

 

そのうえ、マヨネーズには油分があるので、

衣の温度が高くなり、天ぷらの水分が蒸発しやすくなるのです。

 

衣から水分が少なくなれば、サクサクに揚がりますね!

 

マヨネーズを使う場合の衣の配合ですが、

・小麦粉 50g

・水 75ml

・マヨネーズ 大さじ1

です。

 

ぜひともお試しください^^

 

 

やっぱりこれ!天ぷら粉の作り方 サクサクした天ぷらが食べたい

天ぷら粉を混ぜ合わせるのは、揚げる直前です。

 

早くから準備しておくと、

グルテンが出てしまい、

ベッチャっとした衣になってしまいます。

 

水は冷たい氷水を準備、卵も直前まで冷蔵庫に入れておいて、

小麦粉も冷蔵庫に入れるくらいの、冷たさが必要です。

 

冷たい天ぷら粉をつけて、

さっと揚げるとサクサクになるのです(^o^)

 

それから、衣をサクサクにするために、

マヨネーズ以外にも利用できるものがあります。

 

それは「炭酸水」^^

 

水の代わりに微炭酸水を使うのです。

 

衣に炭酸が含まれていると、

具を油の中に入れた時に炭酸ガスが発生して、

衣の水分を蒸発させるのです。

 

サクサクに仕上げるためには、揚げ方にもコツがあります。

 

油はたっぷり使ってください。

 

大量の油を使うともったいないような気がしますが、

サクサクの天ぷらには「温度」が大事!

 

油が少ないと具材を入れた時に具材が熱を奪うので、

油の温度が下がってしまいます。

 

そして、一度にたくさんの具材を油に入れてはいけません。

 

具材をたくさん入れると油の温度が下がります。

 

大量の油を適温に保って、具材を少しずつ揚げるようにすれば、

サクサクのおいしい天ぷらを食べることができますよ(*^^*)

 

 

まとめ

どうですか^^?

 

おいしい天ぷらを作るためには、

手間ヒマかかりそうですね。

 

だけど、コツをつかんで、

何度もやっていくうちに慣れて上手になっていきます。

 

手間ヒマかけただけのことはある、

おいしい天ぷらが食べられるのです(^o^)

 

サクサクでおいしい天ぷらが揚がったら、

「やった!」とガッツポーズ出ますよ~

 

がんばってみてください(*^^*)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました