飛行機ですっぴんになる メイク落としの場所は

生活

旅行や出張など、飛行機に乗ることが多い女性の悩みとして、

メイクに関する悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。

 

仕事で飛行機に乗る場合、もう仕事も終わりの時などは

すぐにでもメイクを落としてすっぴんになりたいですよね。

また、すっぴんになりリラックスした後、飛行機を降りるとき。

すっぴんよりは、ある程度メイクをきちんとしたうえで

降りたいのが当然です。

 

今回は、そんな女性向けの、飛行機内でのメイク落としの方法や

メイクのマナーについてまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

機内でメイク落としするならどこで?どんなものが便利?

機内でメイクを落とす場合、どこで落とせばいいのでしょうか。

機内のトイレは、利用者も多いので長時間つかうことができません。

また、シンクもトイレ自体も狭いので、

メイクを落としたり、洗顔したりするのは大変です。

 

手早く落とすには、洗顔シートやメイク落としシートといった

拭き取りタイプのクレンジングを使用するのが、

機内にも持ち込みやすいのでお勧めです。

最近はクレンジングシートでも、いろいろな種類のものが

発売されています。

機内でも座席でもぱっと化粧を落とすことができるのは

便利ですよね。

また、手軽に使えるメイクを落とせるクレンジングシートは

液体物持ち込み制限対象外なので、飛行機内への持ち込みも

問題ありません。

コンパクトなクレンジングシートは、ぜひ利用するようにしましょう。

 

飛行機の座席で化粧するのはOK?

飛行機の座席での化粧は、あまりいい印象はありません。

ネットなどでも非常識とする意見が多いのが現状です。

できれば飛行機内のトイレか、降りてからの空港のトイレなどで

メイクをするのがベストです。

 

とはいえ、どうしても飛行機を降りる前に

メイクを直しておきたい場合もありますよね。

 

あまり派手にメイクするのはおすすめできませんが、

ポイントメイクやファンデーションで整える程度なら、

飛行機の座席でもそれほど目立つこともありません。

スポンサーリンク

 

できるだけ最低限の化粧にし、また無香料のものを準備するなど

周囲への気遣いを忘れないようにしてください。

 

飛行機の手荷物に化粧品を入れて大丈夫?どんなコスメならOK

手荷物持ち込みできる化粧品には、国内線・国際線それぞれに

制限があります。

 

国際線の場合は、100mlを超える容器に入ったものは

持ち込むことはできません。

さらに、容量1リットル以下で縦横20cm以内のジッパー付きの

ケースなどに入れる必要があります。

 

国内線の場合は、1容器あたりの容量が500ml以下であれば

持ち込み可能です。ただし合計量にも制限はありますので

無限ではありません。

コスメポーチに入るようなレベルであれば、それほど問題ないと

思って大丈夫です。

 

ではどんな化粧品を持っていけばいいのか。

いくつか例を挙げてみます。

 

・サンプルやトライアル品

飛行機に手荷物として持ち込む化粧品としておすすめなのは、

かさばることのないサンプル品やトライアル品です。

ネット通販や化粧品売り場などでもらえるのでお得です。

いくつか持っていけば数日の旅行などにも耐えられるのでおすすめです。

 

・水タイプのクレンジングシート

化粧をさっと落とせて、保湿などの肌を整えることもできる

クレンジングシートはおすすめです。

飛行機内は乾燥しますので、保湿成分の入ったものを

選ぶようにしたいですね。

 

飛行機にスキンケアを持ち込みするのはこちらでも詳しく書いてます

飛行機にスキンケアを持ち込みできる?国際線の常識

まとめ

以上、飛行機内でのメイクの方法やメイクのマナーなどを

ご紹介しました。

 

飛行機内でのメイク落としもメイクも、あまりいい印象を

周囲には与えません。

余裕があるならビジネスクラスの少しゆったりした席を確保したり、

整えるだけのできるだけ最低限の化粧にするなど

他のお客様に不快な思いを与えることのないように心がけつつ、

フライトを楽しむようにしましょう。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました