窓ガラスが熱割れでヒビが入ってる。その時どうする?

生活

窓ガラスに突然ヒビが入ってしまった!

何も思い当たる原因がないのに、

どうしてだろうと思いますよね。

 

例えば暑い日に起こった場合は、

熱割れを疑ってみてもいいかもしれません。

 

熱割れとは、直射日光で窓ガラスが外から温まって

ヒビ割れてしまう現象です。

 

網が入った窓ガラスや、フィルムで

起こりやすい現象といわれています。

フィルムに関しては、無色透明のものなら

原因にはならないのですが、

熱吸収率の高いものや色が着いたフィルムは

原因になりやすいです。

 

そんな熱割れですが、起こってしまったらどうすればいいのか?

ここでは起こってしまったあとの、対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

窓ガラスが熱割れでヒビがはいってる 放置してok?

熱割れによって窓ガラスにヒビが入ってしまったあと、

私たちはどうすればいいのでしょうか。

放置してもいいのでしょうか。

答えは、なるべく早く修理することです。

 

 

自分のせいではないのに窓ガラスがヒビ割れてしまい、

修理しなければいけないなんて、

面倒だと感じる人が多いでしょう。

 

さらに完全に割れたわけではなく、

ヒビ割れ程度なので放置しても大したことはない

と思いますよね。

 

しかし窓ガラスがヒビ割れている状態というのは、

ガラスの分子が壊れている状態なので

ほんの小さなきっかけで、

バラバラになってしまう可能性が大きいのです。

 

ヒビ割れたガラスに少し当たった拍子に

ガラスが大きく割れてしまう、

当たってなくても放置していると

さらに熱割れで今よりヒビ割れが広がってしまうので危険です。

 

ヒビ割れ具合によっては、突風や振動がきただけで

一気に窓ガラスが壊れてしまうこともあります。

 

最初に、網入りガラスは熱割れしやすいと書きました。

中には、網が入ってるのでヒビ割れがひどくなっても、

ガラスがバラバラになることはない

と考える人もいると思います。

 

しかし網入りガラスは割れにくくするためというよりは、

防火対策の一種なのです。

 

ヒビ割れを抑える効果は少ないうえ、

さらにヒビ割れが大きくなる可能性は

他のガラスと変わりません。

 

窓ガラスのヒビ割れを放置することは、

割れる危険性以外にも、防犯面でもよくないです。

 

ヒビ割れたガラスは弱くなって割れやすい状態

だということを、泥棒に入る人はよく知っています。

 

ヒビ割れた窓ガラスなら、

普通の状態よりも大きい音をたてずに割って侵入が可能です。

そういった防犯面を考えたうえでも、早めに修理依頼をしましょう。

 

 

窓ガラスが熱割れで割れてるが賃貸の場合修理代は?

スポンサーリンク

熱割れで窓ガラスが割れてしまったという人は、

実はマンションの人が多いです。

一軒家よりもマンションの高い階の方が、

日光が当たりやすいからでしょう。

 

マンションで、賃貸契約の場合は、

修理代は大家さんが負担することになります。

たまに自分で修理代を出してしまったという人や、

大家さんに修理代を請求されたという人がいますが、

熱割れが原因の窓ガラスのヒビ割れは

大家さん負担というのが普通です。

 

 

窓ガラスのヒビ割れの原因でも、

こちらが何かをぶつけてしまったとか、

使い方が荒かったという理由だと

修理代はこちらが負担しなければいけません。

 

しかし、熱割れはこちらが何もしていないのに

起こる現象です。

 

熱割れの原因として、外から直射日光があり、

中でエアコンの冷えた風を直接あてたから

というのがあったとしても、

エアコンを使うのは普通のことであり、

窓ガラスが熱割れするような設計になっているのは

マンション側の責任といえます。

 

ただ、借主と大家さんだけですんなり解決しなさそうな場合は、

早めに修理業者さんにみてもらいましょう。

業者の人はプロなので、何が原因で窓ガラスがヒビ割れたか

すぐにわかるそうです。

 

診断をしてもらい、お互い納得した上で

修理をしてもらいましょう。

 

大家さんに請求されそうな場合も、

こちら側の責任ではないということを修理の人など、

第三者も入れて理解してもらった方がいいでしょう。

 

ちなみに、何回も同じ個所がヒビ割れる場合は

いくら大家さん負担でも、

時間も手間も取られることになります。

 

出来ればこの体験を活かして、違う場所へ引っ越しましょう。

 

 

まとめ

 

窓ガラスの熱割れの対処法をご紹介しました。

ひび割れてしまったあとは

なるべく早めに修理を依頼するということが大事です。

 

暑い時期には、特に気をつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました