トリュフを生クリームなしで作る人気レシピ集

バレンタイン

簡単で美味しい手作りチョコとして人気のお菓子、トリュフ。

作ったことがある方は多いのではないでしょうか。

トリュフの一般的な作り方としては、

チョコと生クリームを溶かして混ぜ合わせ、

丸めて固める方法がありますよね。

 

美味しいトリュフは、生クリームでなくては作れないのでしょうか?

実は牛乳でも作れるのです。

少し違いがあるので、ご説明しますね。

 

まず生クリームと牛乳は、乳脂肪の割合が違うのが特徴です。

生クリームは35%や45%など、脂肪分の割合が高いのが特徴です。

それに比べて牛乳は、パックの側面を見てみると

乳脂肪1.8%などが記載されています。

 

脂肪分はありますが、生クリームよりも割合がかなり低いですよね。

 

つまり牛乳の方が脂肪分が少なく、水分が多いのです。

この脂肪分の違いをふまえたうえで、

ふだん生クリームで作っているトリュフを牛乳で作ろうとしてみましょう。

 

生クリームは牛乳より水分が少なくとろみがあります。

たとえば生クリームを大さじ3とあった場合、

牛乳を同じ量入れてしまうと、水分が多く入ってしまい、

固まらず失敗してしまいます。

 

牛乳を使う際は、生クリームの半分弱の量を入れましょう。

 

牛乳を使ってトリュフを作ったときのメリットとしては、

なんといってもヘルシーなことです。

 

乳脂肪が少ないというのは、健康志向の人や

ダイエットしたいけど甘いものが食べたい・・・

という人にぴったりです。

 

さらにヘルシーに、豆乳で作る方法もあります。

今回はそんな生クリームを使わずに作れる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

トリュフを生クリームなしの牛乳で作るレシピ

<材料>

・板チョコ 1枚

・牛乳 大さじ1.5

・ハチミツ または練乳 小さじ1

<作り方>

1.チョコを細かく刻む。

できるだけ細かく刻んだ方が、溶けやすくなります。

 

2.チョコを溶かす。

溶かす方法は鍋や湯せん、電子レンジがあります。

鍋でするなら、弱火で混ぜながら、

焦げないようゆっくりと溶かしていきます。

湯せんにするのであれば、お湯を張ったボウルの中に

それより小さいボウル(チョコだけを入れたもの)を入れて、

ゆっくり混ぜます。

電子レンジの場合は、10~20秒ごとに溶け具合を確認しましょう。

レンジでいきなり長時間温めると焦げてしまいやすいので、

注意が必要です。

 

3.チョコが完全に溶けたら、牛乳とハチミツ、または練乳を入れる。

さらに温め、完全に混ざったら平らな容器に流し込み、

冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

 

取り出すと少し固まっているので、手で丸めて形を整えれば、

トリュフの完成です。

 

デコレーションとして、ココアや砕いたナッツを

周りにふりかけるのも良いですね。

 

味は生クリームで作るよりも、少しさっぱりしています。

生クリームと同じくらいの質感が欲しい方は、

バターを小さじ1/2か1/3、入れてみましょう。

油分が加わることで、生クリーム入りのものに近い質感になります。

スポンサーリンク

 

 

トリュフを生クリームなしで豆乳を使った美味しいレシピ

牛乳で出来るなら、豆乳でも作れるのがトリュフの良いところです。

豆乳で作れるトリュフ、牛乳と何か作り方は違うのでしょうか?

 

結論をいうと、作り方は同じです。

材料の分量も牛乳と同じなので、

牛乳を豆乳に置き換えるだけで良いです。

 

豆乳で作った場合、そもそも乳脂肪が入っていないので

さらにヘルシーなスイーツになります。

 

豆乳を入れるのが少量なので、豆乳の味はほぼしないです。

健康は気になるけど甘みやコクが欲しい、

という人はハチミツやきび糖などの甘みをプラスしましょう。

 

アレンジしたい方なら、細かくしたドライフルーツを入れて

丸めるのもオススメですよ。

 

同じようにヘルシー志向の友人にプレゼントしても、

喜ばれるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

トリュフは生クリーム以外でもおいしく作れます。

少しヘルシーに、しかも簡単に作れるおやつというのは、

どんどん作りたくなりますね。

 

トッピングなどで種類を豊富にして、

レパートリーを増やしても楽しいと思います。

 

季節を問わず作れるのも魅力的ですよね。

ぜひ作ってみましょう。

 

 

■こちらも読まれています■

トリュフの作り方教えます!生クリームなしと牛乳使用レシピ

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました