バレンタインのお返しはいつ・どのタイミングで渡すのがベスト?

バレンタイン

もうすぐホワイトデーですね。

バレンタインのお返しは準備できましたでしょうか。

 

お返しの準備ができたら、あとは渡すだけ!なのですが…

 

「一体いつ渡せばいいんだ!?」

 

と頭を抱えていませんか?

 

変なタイミングで渡して嫌われちゃったりしたら嫌ですよね。

 

 

ということで今回は、

バレンタインのお返しはいつ・どのタイミングで渡すのがベストなのか

をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

 

バレンタインのお返しはいつ渡す?①ホワイトデーの朝一番

緊張してなかなか渡せない…とモタモタしているうちに夕方になり、

慌てて渡しに行く、なんてことになってはいけませんよ~。

 

バレンタインの日、あなたは

「気になるあの子から貰えるのだろうか? 貰えるとしたらいつだろう?」

とソワソワしていたのではないでしょうか。

 

学生なら、朝学校に来て下駄箱やロッカー、机の中を覗いた時の瞬間を、

思い出してください。

 

授業なんか上の空で、休み時間は気になる子をチラチラ横目で見てみたり、

既にカップルになっている男女に歯ぎしりしてみたり。

 

社会人だったら、いつ呼び出ししてもらえるかなと

バレンタインの1週間前くらいから約束を取り付けに来ないか考えたり。

 

ですがそれは男性だけではなくて、女性も同じなんです。

だからこそ、ホワイトデーの日は朝一番に渡しに行きましょう!

 

義理であったとしても朝一でお返ししてもらえて悪い気はしないでしょうし、

本命だったら朝渡した後に、お昼ごはんを一緒に食べる約束や、

一緒に帰る約束などができたら万々歳!!です。

 

 

以下は本命の方に渡す前提でのお話になりますが…

朝に呼び出しから、お返しまでするには時間が足りないという場合は

ちょっと勇気を振り絞って前日の夕方にでも

「明日の朝、ちょっと時間いいかな?」と断りをいれておくと良いでしょう。

 

 

それなら、約束をとりつける時間を使って渡せば良くない?と

思うかもしれませんが、いえいえ、ここがポイントなんです。

スポンサーリンク

 

約束を取り付けられた彼女はたぶん心穏やかではいられないでしょう。

「明日の朝何言われるんだろう」と気になって眠れないかもしれません。

それこそ、あなたのことで頭がいっぱいです。

 

いわゆる焦らしテクニックということで(笑)

 

このテクニックの場合は、最初に書いた

“彼女の不安をなるべく早く取り除いてあげるために朝一で渡してあげる”

という意味合いで言うと、真逆の行動になると思います。

 

ですが、恋とは駆け引きと言いますからね。

彼女がどういう性格なのかにもよりますので、お好みです。

 

 

バレンタインのお返しはいつ渡す?②ホワイトデーの前日もOK

その年のカレンダーによっては、

3月14日がちょうど休日と被るということもあるでしょう。

 

また、平日であっても、どうしても当日に渡す時間が

とれそうにないという方もいると思います。

 

そんな時は、前日に渡しましょう。

1日ずれて翌日に渡すよりも、ずっと良いです。

 

別段、休日でもないし、渡せる時間がないわけでもないけれど

印象を強く持ってもらうために、あえて前日に渡すというのもアリだと思います。

 

ちなみに2018年の3月14日は水曜日ですので

前日に渡す場合は、13日の火曜日です。忘れないようにしましょうね。

 

 

ちょっとエスっ気のある方なら、翌日に渡してみましょう。

ホワイトデー当日に、あなたからのリアクションがなくて

「ああ、お返しが貰えなかった…」と肩を落として帰った彼女を

翌日のお返しで驚かす作戦です。

 

突き落として、持ち上げるの二段方式ですね。

 

ですが、この作戦は「こんなことして、なんて意地の悪い人!ぷんぷんっ」

と怒られてしまう可能性も無きにしもあらずの諸刃の剣です。

使い方には十分注意してくださいませ。

 

私は割とこういう意地悪好きですけどね(誰も聞いてないです)。

 

 

まとめ

以上、バレンタインのお返しのタイミングについてご紹介しました。

正攻法から、少し変化球を加えたものまでありましたが、

一番は彼女のことを考えて、喜びそうなタイミングを選択してあげることですね。

 

例えば、低血圧な彼女に朝一で告白とお返しをするぐらいなら、

頭がすっきり冴えたお昼や夕方に渡した方が良い場合もあります。

 

とにかく、思いやりと誠意を持ってすれば大丈夫です!!

男性陣、ファイトですよー!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました