バレンタインのラッピング工夫 おもしろラッピングと個性的な方法

バレンタイン

 

 

バレンタインのラッピング、色々とこだわりがあると思います。

友人に向けて、上司に向けて、本命に向けてなどなど・・・

渡す相手によって微妙に区別をつけるのでは?

 

 

そして、義理で配るなら面白いものがいい!

そう思っている方に。

 

今回は “おもしろさや個性” を追求したラッピング方法をご紹介します!

スポンサーリンク

 

バレンタインのおもしろラッピング

■シャツを使ったラッピング

長袖のシャツを用意しましょう。

前開きのものの方が包みやすいと思います。

 

そして、中に包むものは箱に入っている方が形をとりやすいです。

(あまり小さい箱はシャツが余り過ぎてしまうので注意)

 

包み方ですが、シャツを開いて箱を真ん中におきます。

あとは前をとじて、上下左右の余っている部分は後ろ側へ折り畳み

袖部分でグルリと結びとめます。

 

見た目は腕組みをしているようになります。

 

 

■パンの袋をとめているアレを使ったラッピング

「アレ」、正式名称はバッグ・クロージャーと言います。

 

ラッピングに必要な分量を取り揃えるなら通販が良いでしょう。

100ピース入って1000円くらいです。

 

余ったとしても、日常生活で便利な使い方が色々できる

憎いやつですので、ぜひ調べて活用してみてください。

 

さてラッピングの話に戻りますが

バッグ・クロージャーはたいてい無地になっていますので

自分の好きなイラストを描きましょう。

 

 

派手さはないですが

「ん? これ何~?」と話題のタネになることでしょう。

 

 

■ミシンを使ったラッピング

星形や丸形、ハートなどお好きな形の紙を2枚ずつ用意します。

 

そこまで立体的にはできないので

中に入れるものは小さなクッキーやチョコレートになります。

油が染み出てしまわないように、ラップやビニールで

ワンクッションおくことをオススメします。

 

また、紙質はあまりペラペラしたものだと破けやすいです。

画用紙くらいの厚さがある方が良いです。

 

紙の真ん中に包むものを置いたら、もう一つの紙で挟み

サイドラインをミシンで縫っていきます。

 

ミシン糸の色や、二重に縫ったりなどでアレンジがききます。

スポンサーリンク

 

バレンタインラッピング個性的な方法

■マスキングテープ貼るだけラッピング

用意するのはお好きなマスキングテープを数種類と

お菓子を入れる箱や袋(無地のもの)です。

 

あとはマスキングテープをペタペタと貼るだけ!

貼る角度は揃えても良いし、あえて縦横無尽に貼っても面白いですね。

 

カラーを寒色系や暖色系で統一するのも綺麗ですが、

色んなカラーや柄があると華やかさが増します。

 

たったこれだけなのに、個性的なラッピングの出来上がりです。

 

 

■雪の結晶型の切折紙を飾ったラッピング

材料はお好きな折り紙だけです。

作り方の動画を見ながら切り折りすれば

そこまで難しくなかったのでチャレンジしてみてほしいです。

 

以下の動画をご覧ください。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=vIlstH2Sgvs

分からなくなったら一時停止しながら

ゆっくりと作っていくと良いでしょう。

 

立体型は糊や両面テープで貼れますし

平面型はリボンで結ぶ際に一緒にとめることもできます。

 

きっと、「どうやって作ったのー!?」と

言われること間違いなしですよ。

 

 

■毛糸や刺しゅう糸でグルグル巻きラッピング

箱にグルグルと毛糸や刺しゅう糸を巻きます。

 

とめ口は底部分で目立たないように小さく結わえても良いですし

あえて上部でリボン状に結んでも可愛いでしょう。

 

順番に糸の色を変えるのがおすすめです。

毛糸でしたら、最初からグラデーションになっているものが売れているので

いっぺんに巻き上げることも出来ますよ。

 

まとめ

面白さや個性をとると、中に入れるものや大きさに

多少の制約は出てきてしまいますが

今回の主役はラッピングだと割り切りましょう(笑)

インパクトで勝負です!

 

受け取った相手が思わずクスリと笑ってしまうような

ラッピングにしてハッピーバレンタインにしちゃいましょう♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました