美味しい生チョコの簡単な作り方 人気の大量生産・牛乳使用レシピ

バレンタイン

バレンタインのチョコ、みなさんはどうしてますか?

 

もしも手作りするのなら、他の子達と差をつけたいですよね!

そして、できれば簡単なのに、見た目は豪華に見えるもの・・・

 

例えば「生チョコ」なんか、どうでしょう!!

 

今回は、生チョコを簡単に大量生産できるレシピ

牛乳を使った生チョコのレシピをご紹介していきます。

 

 

意外とできる!生チョコの簡単な作り方 大量生産むけ

タッパー1個分(100mm×150mm)の生チョコが簡単にできちゃうレシピ

【参考】https://cookpad.com/recipe/4396074

もっとたくさん作りたい場合は、分量を倍にして大きなタッパーで

作るのもありだと思います。

 

< 材料 >

・チョコレート 300g

・生クリーム  180ml

・ココアパウダー 適量

 

 

< 作り方 >

①生クリームを弱火で温め、沸騰前に火を止める

②細かく刻んだチョコレートを①に入れる

③②をタッパーに流しこみ冷蔵庫で冷やし固める

④ココアパウダーを全体にまぶして完成!

 

 

大人の味?ラム酒入り生チョコのレシピ

【参考】https://cookpad.com/recipe/4354329

チョコ、生クリーム以外に

シリアルやマシュマロ、ラム酒が加わった大人味です。

 

< 材料 >

・板チョコ   500g

・生クリーム  200cc

・シリアル  200g

・マシュマロ 100g

・ラム酒   大さじ2

※お菓子作りコーナーに小さい瓶入りで売れていると思います

・純ココア  適量

 

 

< 作り方 >

①細かく刻んだ板チョコと生クリームを耐熱ボールに入れ

電子レンジ600Wで約3~4分温める

②①をよく混ぜてから、シリアルやちぎったマシュマロ、

ラム酒を適量入れてさらに混ぜる

③バッドなどにクッキングシートをしいて②を流し込み

冷蔵庫で冷やし固める

④好きな大きさに切って、純ココアをまぶす

 

美味しくできたらバレンタインなどかわいくラッピングもしたいですよね?

ラッピングのアイデア次第でもっと素敵に見えちゃいます!

ラッピングの方法はこちらを参考にしてくださいね^^

⇒ バレンタインのラッピングを大量向けアイデアと可愛いアレンジ

 

生チョコを簡単に作る 牛乳ありのレシピ

生クリームの代わりに牛乳を使用したレシピもご紹介します!

 

◆生クリーム不要の生チョコレシピ

【参考】https://cookpad.com/recipe/1018579

見た目は普通の生チョコ!

牛乳は人肌に温めて入れるのがポイントです。

 

< 材料 >

・チョコレート  200g

スポンサーリンク

・卵黄      1個

・牛乳      大さじ2

・ココアパウダー 適量

 

 

< 作り方 >

①チョコを湯煎で溶かし、

卵黄、牛乳を加えて混ぜる

②タッパーなどにクッキングシートをしき

①を流し込んで冷蔵庫で冷やし固める

③適当な大きさに切り分けて、ココアパウダーをまぶす

 

 

変わり種!抹茶生チョコのレシピ

【参考】https://cookpad.com/recipe/1046388

うちの子供たちは小学生から抹茶味が大好き♪

抹茶味の生チョコなんてちょっと手が込んでそうだけど、

手作り出来たら素敵ですよね?

 

仕上げにココアパウダーじゃなくて抹茶を振りかけることで

和風でちょっぴり大人風味な生チョコに大変身。

 

< 材料 >

・牛乳         200cc

・ホワイトチョコ 58~60g

・抹茶      小さじ1~

・抹茶(あとで振りかける用)適量

 

 

< 作り方 >

①牛乳を沸騰しないように弱火で温め、刻んだチョコと抹茶を

入れてゆっくりと混ぜる

②タッパーなどにクッキングシートをしいて①を流し入れ

冷蔵庫で冷やし固める

③切り分けて抹茶を振りかける

切りにくい時は抹茶を振ってもう一度冷蔵庫で固めてから

再チャレンジしてみましょう。

 

 

まとめ

生チョコを大量生産できるレシピと

生クリームではなくて牛乳を使った生チョコレシピをご紹介しました!

 

上手に作るコツとしては、生クリームや牛乳を温める工程で

煮立たせないように弱火でゆっくりかき混ぜること。

 

切るときに多少崩れてしまっても

パウダーをはたけば誤魔化せますので大丈夫!

 

どうしても綺麗に切りたいんだ!という方は

“1回切るごとに包丁をお湯で温めて水気をふく“

ことを試してみてください。

 

ちょっと手間ですけど、するっときれいに切れますよ^^

今年は生チョコでちょっと差をつけちゃいましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました