子供のぐずり5歳になっても!イライラする原因とぐずるときの対処法

子育て

うちの子もう5歳なのにまだぐずっている!

 

なぜ?どうして?

とイライラしているママもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

子供がぐずるときには何かしらの原因があるものです。

 

そこで今回は子供のぐずりにイライラしているママの原因と、

それを乗り越えてきた先輩ママの対処法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

こどものぐずりにイライラする原因は何?原因が分かればママも落ち着く

皆さんは2歳ごろの「イヤイヤ期」は聞いたこともあり

経験してきたと思いますが、

実は5歳の時には「反抗期」があるのをご存知でしたか?

 

あまり知られていないのですが何でも「ダメ」とか「イヤ」とか

言ったりするようになり

「うちの子最近わがままがひどくて・・・」

なんて思ってしまうような反抗期があるのです。

 

4~5歳になると2歳の時の「イヤイヤ期」とは違い、

言葉の数も増え自分の意見をちゃんと

伝えられるようになっています。

 

ですから、ママが言う事に口答えをしてみたり、

無視したり、ひどい時には暴言や暴力

なんて事もあったりするのが特徴です。

 

ママの方も言う事を聞いてくれないようになると

段々イライラしてきますよね。

 

お子さんの方も「まだ5歳」なのです。

相手を思いやって話しをするなんてなかなか出来ません。

自己中心的な考え方しかできないので他人を攻撃してしまうのです。

 

女の子は特に口が達者になって

ママがグサっとくるような事も平気で言ってしまいます。

男の子は感情的に怒鳴ってきたり、暴力を振るったり、

なんて事もあるのでは?

 

 

子供がぐずるときの対処法 先輩ママも乗り越えられました

それでは、そんな反抗期の子供に対して

どのような対処をすればいいのでしょうか。

 

あなただけではなく先輩ママたちも

お子さんの反抗期を乗り越えてきています。

スポンサーリンク

 

男の子の場合は何かを言っても否定してきたり、

突っかかってきたりします。

「◯◯しなさい」と普通に話しても

「うるさいなー」とか「わかってる」とか。

一番言われるのが「イヤ!」という返事です。

 

周りの友達などに影響を受けやすい男の子には

いちいち腹を立てずに、

「じゃあ、明日からは自分でやってみてね」

という風に一人前扱いをしてあげるのが効果的です。

 

他にも注意したり、普通に話しかけただけなのに

「うるさい!」と怒ったりすることもあると思います。

 

5歳とはいえプライドがあり

自分が傷つけられたと感じると怒ってしまうのです。

 

こんな時にはママもイライラしているとは思いますが、

ここはひとまず子供が落ち着くのを待って

「これは悪い事なんだよ」「これを注意してね」など

淡々と説明してあげましょう。

 

子供が落ち着くのを待っている間に

ママ自身も落ち着けると思うので、

じっくり時間をかけて地道に乗り越えましょう。

 

女の子の場合は幼稚園や保育園では良い子なのに

家に帰ってくるとわがままになったりする子が多いようです。

 

外では気を張って頑張っているので

甘えられる存在のいる家では

わがままが出てしまうのかもしれませんね。

 

この頃から友達を仲間外れにしたり、意地悪をしたりと

女の子ならではの特徴が出てきます。

情緒が豊かになってきている証拠ですね。

 

女の子の反抗期の特徴としては

ママが話しかけてもわざと無視をしたりします。

イライラが募り怒鳴ったりしてしまう事もあると思います。

 

そんな時にも一度深呼吸をして

いつも通りの口調で諭すように話すのが大切になってきます。

親が感情的になると

子供は心の中で親をバカにしたりする感情が芽生えてきます。

 

中には屁理屈を言ったりする子もいます。

そんな子には一度その屁理屈を受け止めてから話を元に戻しましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ママも一人の人間なのでイライラする事はもちろんあります。

私も子供に感情的に起こって後悔するなんて事もあります。

 

子供の反抗期も過ぎてしまえば

「そんな事もあったなぁ」くらいに思えるのですが、

真っ只中にいると受け流すのが難しかったりします。

 

反抗期も子供の成長、親の成長だと思って頑張りましょう。

いつか頑張ってよかったなぁと思えるはずです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました