クリスマスリースを手づくりで!!簡単に子供と作れる折り紙りリース

クリスマス

クリスマスが近づくと、

街がイルミネーションやクリスマスツリーで

華やかになりますよね。

 

雑貨屋さんなどに行くと、

リースやツリーなど、家庭で飾るオーナメントなども

売られています。

 

でも、お子さんがいると、

買いに行くのも面倒になりますよね。

それならお家で手作りしてみませんか?

 

なんか難しそう…と思ってしまいそうな

クリスマスの飾りですが、

実は折り紙でリースが作れるのです。

 

折り紙とリースという

なんだか結びつかない組み合わせですが、

折り紙を組み合わせて

ステキなリースが作れます!

 

お子さんと一緒に作れる簡単なものから、

見た目が映える立体的なものまで、

種類はさまざま。

 

好きなお子さんが多い折り紙を使って、

今年はオリジナルでオンリーワンな

クリスマスリースを手づくりしてみましょう。

スポンサーリンク

クリスマスリ-スを折り紙で簡単に子どもとできる作り方

まずは、お子さんもお手伝いできる

簡単なクリスマスリースの作り方を

ご紹介します。

 

【材料】

・折り紙8枚(赤や緑などクリスマスをイメージした色)

・両面テープまたはスティックのり

8枚の折り紙を組み合わせて

丸いリースを作っていきます。

ではまず、パーツから作っていきましょう!

 

【パーツの作り方】

・折り紙を半分に折って、折り目を付けて戻す

・折り目を横にして、上下の2つの角を折り目に合わせて折る

・半分に折る

・これを8つ作る

 

まるで、紙飛行機を折っている途中のような形に仕上がりましたね。

このパーツをつなげて、リースにしていきますよ。

 

【組み合わせ方】

・長い辺を上にして置き、とがり角に両面テープを貼るかのりを塗る

・両面テープかのりを塗った裏側の角にも、同じように両面テープかのりを塗る

・パーツをもう1つ出して、半分に折った面を開く

・角が折ってある所のとなりに、テープかのりを塗ったとがり角を付ける

・とがり角を挟むように閉じる

・これを繰り返して全部つなげたら完成!

 

 

折り紙を使うといっても

簡単な折り方でできあがりますね。

 

色の組み合わせも自由自在!

緑と赤を交互に合わせても

緑と茶色でリースっぽさを出しても

緑と赤の合間に金や銀をはさんでもステキです。

 

これを土台にして、

他の折り紙でオーナメントを作って貼るのもカワイイですね。

また、金や銀のモールを切って貼るのも

クリスマスらしい雰囲気が出せそうです。

 

いろいろな個性が出せるのは、

スポンサーリンク

まさに手作りリースならではです。

 

折り紙で立体につくる作り方

つづいて、立体的なクリスマスリースを

手づくりしてみましょう!

パパやママの腕の見せ所です。

 

とはいっても、折り紙をよく折っていた方なら

折り慣れた工程で折っていくだけで

ステキなリースが作れますよ。

 

材料は先ほどと同じです。

ではまず、パーツの作り方をご紹介します。

 

【パーツの作り方】

・縦と横、対角線と4本の折り目を付ける

・左右の角を対角線の折り目に合わせて折る

・下の角を色が付いたところまで折ってから広げる

・他の3つの角も同じように折って広げる

・図のラインに合わせて折りたたむ

・角になった部分の裏側の折り目の境を、色が変わる部分まで左右に折り目を付ける

・折り目を利用して、角を反対に折り返す

・角の左右の根元を、折り目の境まで折る

・他の3つの角も同じように折る

・浮いている部分をのり付けして完成!

・これを8つ作る

 

なかなか細かい作業が多いですが、

ポイントは、折り目をしっかり付けることです。

折り目を付ける工程では、

しっかり折ってから広げると、

後半の折る工程がラクになりますよ。

 

折り紙で鶴が折れる方なら、

わりとすんなり折れるかもしれません。

それでは、このパーツを組み合わせていきましょう。

組み合わせ方はとてもカンタンです。

 

【組み合わせ方】

・パーツ2つを並べる

・左側は四角に、右側はひし形にして、右側の角を左側に差し込む

・これを8つつなげて完成!

 

これで華やかな立体リースができあがります。

このまま飾っても映えるし、

クリスマスツリーのオーナメントにしても可愛いですね。

 

お子さんと作れる簡単リースか

少し手の込んだ立体リースにするか、

迷ってしまいそうですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました