フェルトでクリスマスリースを簡単に作る方法

フェルト クリスマス

クリスマスリースを手づくりするというと

いろいろな素材があります。

そんな中で、ハンドメイド初心者の方でもおすすめなのが

フェルトを使ったクリスマスリースです。

 

フェルトは、布地と違い、

切っても切りくずが出にくく、細工がしやすい素材です。

縫ったり、接着剤で張り付けたりするのに、

とても扱いやすく、キレイに仕上がります。

 

今回は、フェルトで作れる

簡単なクリスマスリースについてご紹介します。

フェルトの型紙を簡単に作る裏ワザも

お教えしますね!

スポンサーリンク

クリスマスリースをフェルトで作る型紙

 

 

クリスマスリースの型紙は、

ネットで探すと無料でダウンロードすることもできます。

しかし、印刷して切って…というのも面倒ですよね。

 

そこでおすすめは、100均の紙皿です。

直径20cmまでくらいの大きさのものが

ちょうどいいでしょう。

 

紙皿の乗せる部分に定規を当てます。

縦と横に当てて線を引き、十字の印をつけましょう。

交差している所から測って、

紙皿の直径の1/3くらいの大きさに印をつけます。

 

4つの線それぞれに印をつけたら

その印を通るように丸く切り抜きましょう。

これでクリスマスリースの型紙のできあがりです。

 

緑のフェルトを1枚だけ型紙を当てて切りぬけば、

平面で簡単なリースになります。

ここに飾りつけするだけでも楽しそうですね。

 

また、2枚切りぬいて、

縫い合わせた中に綿を詰め込めば、

本格的なクリスマスリースの土台になります。

 

フェルトリースの土台の作り方

 

型紙から2枚のフェルトを切りだして

縫い合わせて綿を詰めるだけの

簡単なクリスマスリースの作り方をご紹介します。

 

【材料】

型紙

はさみ

フェルト

綿

吊るすための紐やモール

縫い針

まち針

縫い糸

 

 

今回は、手縫いの場合でご紹介しますが、

ミシンでダダッと縫ってしまう方が短時間で仕上がります。

 

【作り方】

・型紙をフェルトに置いて、印をつけて切りだす

・これをもう1回行う

・片方のフェルトの、内側の円と外側の円それぞれ縫い代1cmのところに印をつける

・2枚のフェルトを合わせ、まち針をぐるりと刺す

・内側の円から縫っていく。なみ縫いで問題ないです

・外側の円も縫っていく。この時5cmだけ空けておく

・空けておいたところから、綿を詰め込む

・吊るすための紐やモールを入れて、空いているところを縫い閉じて完成

 

要は合わせて縫って綿を入れればできあがります、

意外と簡単に作れそうですね。

 

また、綿を入れる時に、

吊るし紐などを入れて縫いこんでおけば、

飾るときに便利です。

麻の紐でもオシャレだし、

キラキラしたモールも華やかな雰囲気になっておススメです。

 

土台要らず!簡単さすだけリースの作り方

 

 

そもそも土台作りが面倒!

という方には、自宅にあるものとフェルトで作れる

簡単なクリスマスリースを作ってみましょう。

クローゼットに眠っている針金ハンガーに細工して

フェルトを差すだけで

とてもオシャレで温かみのあるリースができますよ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フェルトリースを作りました💕 たくさんありすぎて放置していたフェルトの端切れを活用。 大きい方は円形フェルトにワイヤーを、小さい方はモールを通しています。 作り方は簡単なのですが、フェルトをただひたすら円形に切る作業が大変でした。 でも使い道が見つからなかったフェルトの端切れを使うことができて良かったなぁと思っています。 さあ、どこに飾ろうかなぁ😁 #フェルトリース #フェルト #リース #フェルト端切れ活用 #手作り #ハンドメイド #円形フェルト #はぎれ

にじいろ畑☆KEIKO(@keigentry)がシェアした投稿 –

【材料】

針金ハンガー

ペンチ

フェルト

はさみ

リボン

 

フェルトは結構使うので、多めに用意しておきましょう。

 

【作り方】

・針金ハンガーを丸く伸ばす

・掛ける部分の根元をペンチで切る。この時切るのが片方だけです

・フェルトを丸く切り抜く

・フェルトは多めに切り抜いておきます

・切ったところからフェルトを差しこんでいく

・フェルトの中心を通すとキレイに仕上がります。

・針金が見えなくなるまでフェルトを差しこんだら、

掛ける部分の根元をリボンで隠したらできあがり

 

フェルトをさすだけのクリスマスリースは、

北欧でよく見かけるようです。

北欧のクリスマスは、赤や緑にこだわらず、

カラフルな色を使います。

 

このような、さすだけリースの場合は、

フェルトの色は気にせず使ってみましょう。

統一性を持たせるために、

あえて1色だけのフェルトのリースにするのも

面白そうですね。

 

本格的なリースを買わなくても、

身近な材料で作ることができるクリスマスリース。

今年は手作りリースと素敵な料理やケーキで

お祝いしちゃいましょう!

 

葉っぱで作るリースはこちら

クリスマスリースの葉っぱは何?フレッシュリースを作ったら日持ちはどれくらい?

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました