年賀状で家族写真がうざいと思われないアイデア3選

マナー

子供がいる家庭では、年賀状に子供の写真や家族の写真を使っていることは多いですが、写真や年賀状の内容によっては相手に“うざい”と思われているかもしれません。

 

自身が結婚して、子供がいる生活を送っていれば子供の年賀状も微笑ましく、貰うと嬉しいものですが、子供に対する感情は人によって様々です。

 

新年のはじまりに、相手に不快感を与えてしまっていたら年賀状を出したほうとしても残念な気持ちになりますよね。

 

今回は年賀状でうざいと思われないように気をつけるポイントや、家族写真のアイデアをご紹介します。

スポンサーリンク

 

年賀状の家族写真はうざいと思う人もいる 楽しみにしてもらえる家族写真のアイデア

学生の頃から年賀状のやりとりをしていたり、職場の同僚とのやりとりだと、長い付き合いの中で、結婚したり、子供が産まれたりと、生活に変化がでてきます。

 

特に子供が産まれると、我が子の可愛さに子供の写真を使いたくなりますがちょっと待ってください!

 

相手によっては嬉しくないどころか、うざいと思われるかもしれません。

 

独身だったり、子供がいない家庭ではそう思われてしまうことがありますし、子供がいる家庭でも写真によってはうざいと思われることがあります。

 

どんな理由でうざい…と感じてしまうのか調べてみると、

・子供の写真を送られても、子供に会ったこともないのでどうでもいい。

・写真の年賀状は処分にも困るからやめてほしい。

・独身の自分が悲しくなる。

・自分も子供がほしいと思っているので落ち込んでしまう。

・自慢?と思ってしまう。

 

などの声がありました。

 

このような気持ちになるのもわからなくないですよね。

 

私自身も、子供ができず悩んでいた時は年賀状を出すのも嫌で、貰っても素敵な写真だなぁと思う心の余裕はありませんでした。

 

でも自分に子供が産まれると、友人の年賀状をみても可愛いなと思ったり、自分も家族写真の年賀状を作りたいと思ってしまいます。

 

送る相手によって写真入りの年賀状と、写真なしの年賀状に分けるのもいいですが、皆が見て楽しめるアイデアをご紹介しますね。

 

⚪干支を取り入れた写真にする。

 

丑(うし)や、未(ひつじ)、午(うま)だったら牧場などにいって動物と一緒に家族写真を撮りましょう。

 

干支の動物と一緒に写真を撮れば家族写真というより、干支イメージになりますよね。

 

巳(へび)年の時に本物の蛇を家族で持ったりすれば、年賀状の為に撮った感じが伝わりま

 すし、毎年楽しみになると思います。

 

 本物の動物が難しいなら、着ぐるみや帽子などを家族皆で身につけるのもおすすめです。

 

⚪ポストカードのようなクオリティーの高い写真にする。

 

 普通の記念写真のようなものではなく、綺麗な景色が中心の写真などをえらびましょう。

 

 カメラ目線ではないモデルさんのような写真の撮りかたもおすすめです。

 

 写真加工アプリを使えば雑誌風にしたり、雰囲気のある写真も作ることができます。

スポンサーリンク

 

 毎年テーマを決めて、こだわって作れば楽しみになると思いますよ。

 

⚪可愛いものより、面白いものを選ぶ。

 

年賀状の写真なので可愛い子供の写真を選びたくなりますが、誰がみても笑ってしまうような面白い年賀状にするのもおすすめです。

 

テンプレートも可愛いものではなく、面白いものを選んだり、変装したり変顔をしている写真なら貰った人も楽しめるのではないでしょうか。

 

皆に楽しんでもらえる年賀状にしたいならば、撮ってある写真から選ぶのではなく、

年賀状の為に写真を撮るほうが良いでしょう。

 

テーマを決めて、毎年同じテーマで作ると今年はどんなのかな?と楽しみにしてもらえると思います。

 

 

年賀状の差出人に連名で子供もいれる?

年賀状の差出人に子供の名前もいれた方がいいのかですが、基本的には連名で名前を入れてよいでしょう。

 

年賀状を出すのは昔からやりとりしている知人だったり、親戚だったり、職場関係の人がほとんどですよね。

 

あまり親しくない仕事だけの付き合いの場合や、形式的に出すだけの相手の場合は、年賀状事態を内容を分けて出すことが多いと思います。  

 

年賀状はパソコンで作ったり、お店で注文することが多いので、家族写真が入った年賀状を送るような相手には、子供の名前も連名で入れた方が自然だと思います。

 

知人や親戚の子供の名前は忘れてしまうこともあるので自分が年賀状を貰った時は子供の名前が入っている方が嬉しいですし、こんな漢字の名前だったんだなと楽しめます。

 

家族写真を使う年賀状ならば、子供の名前も差出人に入れていいと思いますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

年賀状の家族写真が不快に思う人もいる。ということを知ったうえで、どんな年賀状を送るか考えてみてください。

 

年賀状を2種類用意して、相手によって送り分けるのもいいでしょう。

 

皆に楽しんでもらえる年賀状にしたいなら、撮りためた写真から選んで作るのではなく、年賀状の為に工夫しながら撮った写真を使うことをおすすめします。

 

何かテーマがあれば「今年はどんなのかな?」と楽しみにしてもらえると思いますよ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました