中高生のためのレインコート ヘルメット対応 安全を子供に

子育て

自転車通学をしている学生にとって、雨の日の自転車用レインコートは

欠かすことができないものです。

ひとことでレインコートといっても、いろいろな種類があって、

どれを選んでいいのか困った経験はありませんか?

 

中学生や高校生などで、自転車通学をする場合、

校則でヘルメット着用が義務付けられているところがほとんどです。

安全のためにかぶるヘルメットですので、雨でも外すことはできません。

ヘルメット付では、レインコートがうまく着られないという

悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

今日は、そんなヘルメットを付けたままでも大丈夫なレインコートや、

雨の日の通学に役立つグッズなどを紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

通学用のレインコートならヘルメット対応 メリットデメリット

自転車通学の学生用に、ヘルメットをかぶったまま着られる

レインコートがあります。

 

 

 

 

ヘルメットの上からフードをかぶることができ、

足元も膝までしっかりと覆ってくれるので、安心です。

さらに、学生にはうれしい反射テープが背中についています。

雨だと薄暗かったり、車や自転車の視界は悪くなります。

部活動で夜遅くなる時や、冬の朝のまだ暗い時間帯の通学にも

反射テープは役立ちますよね。

また、フード部分は口元までしっかり隠れるので、

前から吹き込んでくる雨からも顔を守れるのがポイントです。

 

デメリットもあります。

このタイプは、リュックやカバン、自転車かごを隠せないので、

コートとは別に、カバン用カバーを買う必要があります。

リュックを背負ったまま着ることができるものもありますが、

少しお値段が高めになるのもデメリットです。

 

自転車通学で雨の日に荷物が濡れないための便利グッズ

 傘をさすわけにいかない自転車通学。

自分自身の次に雨から守りたいのはカバンなどの荷物ですよね。

先ほど紹介したヘルメット用コートなどは、

カバンを守ることができないデメリットがありました。

 

そんな場合でも大丈夫。

スポンサーリンク

荷物を守ってくれる、雨の日の便利グッズを紹介します

 

・カバンカバー

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【NEW】大型マルチレインカバー カバンカバー リュックカバー my-190
価格:1380円(税込、送料無料) (2019/8/29時点)

楽天で購入

 

雨の日の荷物を守るアイテムといえば、カバン用のカバーです。

自転車のカゴにかけるタイプや、ハイキングや登山でも使用可能な

リュックを直接覆うタイプなどいろいろな種類があります。

ランドセルカバーをイメージしてもらえば、早いのではないでしょうか。

 

防水素材の大きめのカバンを買って、その中に通学用カバンを

いれてしまうという手もあります。

 

カバンカバーはサイズ・デザインも豊富なので、

自分のカバンに合ったカバーを探してみてください。

 

・レインポンチョ、レインコート

 

自転車用のレインコートには、

リュックのまま着られるタイプがあります。

このタイプは簡単に雨から荷物を守ることができるので

おすすめです。

コートには、かぶるだけのポンチョタイプと、

普通のレインコートタイプがあります。

ヘルメット対応で荷物もカバーできるコートとなると

数や種類、デザインが限られてきますが、

わざわざカバン用カバーを買うのはちょっと、という人は、

考えてみてもいいのではないでしょうか。

いちいち荷物を下ろしてかごに入れるのは面倒くさいという方には

そのまま着られるコートやポンチョがおすすめです。

 

ポンチョタイプのものは、前部分が長めに作られているものも多く、

かごに入れた荷物をそのままポンチョで隠すことができるので

通学カバンをカゴに入れている人におすすめです。

ポンチョは基本かぶるだけなので着脱も簡単。

急な雨にもさっと着られるのは嬉しいですね。

 

また、普通のレインコートでも、マチを多くとることで、

リュックを背負ったまま着られるタイプもあります。

 

レインコートがめくれない方法や靴が濡れないようにする方法はこちら

 ↓  ↓

高校生の自転車通学 雨の日はみんなどうしてる?

まとめ

 

いかがでしたか?

雨の日の自転車通学はヘルメットもあるし荷物もあるし、

本当に大変だと思います。

だからこそ、快適に自転車に乗れるように、

また雨の日に沈みがちな気分が少しでも明るくなるように、

自分好みの色やデザインの雨の日対策グッズを

選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました