高校生の自転車通学 雨の日はみんなどうしてる?

生活

高校生から自転車通学をする人は多いと思います。

自転車通学で一番に悩むのは、雨の日の通学はどうしたらいいのか。

電車やバスといった代わりの交通手段があればいいですが、

お金もかかるし、乗り物に乗るほどの距離でもないことが多く、

結局、雨でも自転車通学をする学生がほとんどです。

 

とはいえ、傘をさしながらの自転車運転は危険ですし、

そもそも道路交通法が改正され、傘さし運転が禁止されています

 

では、雨の日の自転車通学はどうしたらいいのか。

今回は、そんな自転車通学の雨対策を紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク


雨で靴が濡れない方法 自転車通学の対策

自転車通学用のレインコートやポンチョは、

学校やネットでもいろいろな種類が販売されています。

では、足元はどうでしょう。

ポンチョタイプだと、体全体を広く覆えるので、

足元も雨を防ぐことはできますが、それでも完全ではありません。

 

規則で、ローファーのような指定の靴以外ダメな場合もあります。

レインシューズや長靴は構わない学校でも、自転車にのれば

隙間から雨が入ってきて靴下が濡れてしまったりと

完全に濡れずに通学することは厳しくなります。

 

そんな雨の日の靴を濡らさない方法としておすすめなのが

シューズカバーです。

 

雨の日に靴が汚れてしまったり、

雨が靴の中まで染みこむのを防いでくれます。

靴の上から履くだけでしっかり防水。

使い捨てを考えるのであれば、100均でも購入できますよ。

短いタイプからブーツ用のロングタイプまで、

サイズもデザインも色々な種類が販売されています。

 

シューズカバーを選ぶ際のポイントをあげておきます。

 

・完全防水使用のものを選ぶ

・靴のサイズに合ったものを選ぶ

・持ち運びしやすいものを選ぶ

・ゴムやファスナーでしっかりと閉じられるものを選ぶ

 

隙間があると、結局靴が濡れてしまい意味がありません。

自分の足に合った、しっかりと足首を止めることができ、

完全防水のシューズカバーを買うようにしましょう。

ひとつバッグに入れておくと、安心できますよ。

 

スポンサーリンク

レインコートが自転車通学中にめくれない方法

 

雨の日の自転車通学でよく使うのが、レインコートやポンチョ。

そんなレインコートで自転車に乗る時に怖いのが、

めくれてしまうことと引っかかってしまうことです。

 

雨風が強いと、レインコートがめくれてしまい、

折角のコートが意味をなさなくなってしまいます。

セパレートで上下別れているタイプもありますが、

制服がスカートだったら、パンツタイプは無理ですよね。

 

では、どうすればフードや裾がめくれずにすむのか。

方法を見ていきたいと思います。

 

・フードをめくれないようにする対策

口元にボタンやマジックテープがついているタイプであれば、

それで顔にしっかりと固定することができます。

そして、前髪が隠れるぐらいまでしっかりとかぶるようにします。

サンバイザーや帽子などがあれば、フードの下にかぶって、

その帽子のつばなどとフードをピンなどで固定すると

フードがめくれにくくなります。

フード内に風が入ってくることのないように、

隙間をなくすイメージで止めるようにするのがコツです。

 

・レインコートの裾をめくれないようにする対策

 

まずは素材がしっかりした少し重めのものを選ぶと

雨風でめくれる可能性を減らすことができます。

ポンチョタイプなどだと、洗濯ばさみやクリップなどで

前部分をカゴに止めるようにしましょう。

少し格好悪いですが、洗濯ばさみなどでも十分です。

カゴがないタイプの自転車の場合は、ハンドルやハンドルのバーに

少し大きめの洗濯ばさみで止めておきましょう。

ハンドルに止める場合は、しっかり止めすぎると

ハンドル操作がやりにくくなる可能性がありますので、

少しハンドル操作に余裕が出るように止めるのがポイントです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

梅雨の時期や台風の時期など、雨が長く続いたりすると

自転車通学は憂鬱になりがちですが、

そんな気分を吹き飛ばすための雨の日対策。

学校指定などで制限が付く場合もあるとは思いますが

できるだけ自分の好みに合ったおしゃれなデザインや

機能性の高いシューズカバーやレインコートを選んで

雨の日でも快適に自転車通学できるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました