必見!赤ちゃんのベビーバスの売れ筋おすすめ6商品紹介

子育て

子育て奮闘中の

友人のお宅にお邪魔して

びっくり!

 

ベビーバスがかわいい!

 

どんなのを買ったらいいか

迷いに迷った結果、

4つも買っちゃった!といって

笑っていました。

 

浴室が狭いので、

お風呂も一苦労だそうです。

 

ほんとにいろいろな

ベビーバスがあるんですね。

 

そこで!

赤ちゃんのベビーバス、

オススメをリサーチしてきました。

 

悩んでるママさんの

参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

赤ちゃんのベビーバスを選ぶコツとは?

ベビーバスとは、

新生児期の赤ちゃん用の

お風呂の小さなバスタブ。

 

どんなベビーバスを

選んだらいいか、については、

お風呂場の広さや

ご家族の生活サイクルなども

加味したほうがよさそうです。

 

そんなベビーバス。

大きく分けると3タイプあります。

タイプ別に特徴を見ながら、

選び方のコツについて考えてみましょう!

 

【床置きタイプ】

お風呂場の床に置いて使うタイプの

スタンダードなベビーバス。

 

形が安定していて頑丈なので、

ママが手をついて作業できるため

赤ちゃんを支えやすいし安心。

 

それに、使った後、洗いやすい。

ベビーバス卒業後も、

水浴びなどに活用できそうです。

 

ただ、やはり場所をとります。

お風呂場が狭いと、

置く場所に困ることも。

 

赤ちゃんをお湯に入れている間、

かがまないといけないので、

前傾姿勢が辛いママさんには

負担になるかもしれません。

 

【ビニールタイプ】

空気を入れてふくらませて使う、

ビニールプールみたいなベビーバス。

 

柔らかいので、

赤ちゃんの体に当たっても安心。

 

軽くて、持ち運びにも便利

空気を抜けば折りたためるので

収納にも困りません。

 

人気がありますよ。

 

しかし、形がボコボコしてますから、

使った後、よく乾かさないと。

衛生面に気を配る必要はありそう。

 

それに、プラスチック製の

床置きタイプのベビーバスと比べれば、

丈夫、とは言えません。

 

長期間使うものではない、と

考えておいたほうがよさそうです。

 

【マットタイプ】

洗面台やキッチンの流しに

埋め込んで使うタイプのベビーバス。

 

お湯を直接はるのではなくて、

おうちの洗面台や流しで

沐浴をさせるための敷物、と

考えてください。

 

かがまずに済むので、

負担が少なく、ラク。

 

持ち運びもできますから、

場所を変えての沐浴も可能。

 

ご実家に長逗留、なんてときも

手軽に持ち込むことが

できそうですよね。

 

ただ、洗面台や流しに、

ある程度の大きさが必要です。

 

最近では、洗面台も流しも大きめ、

というお宅も多いです。

 

マットタイプと同じように

洗面台で使えるように設計された

プラスチック製のベビーバスも

いろいろありますよ。

 

赤ちゃんのベビーバスの売れ筋おすすめ6商品紹介

使用期間は短いものですが、

毎日使うものです。

 

使いやすいものが一番ですよね。

 

売れ筋っていったら、

どんなものがあるんでしょう?

 

人気のベビーバス、

集めてみました!

 

1. BABYCRAFTベビーバス

床に置いて使うベビーバスです。

床に置いて使うベビーバスです。

滑り止めがついているのでお風呂でも安心。

手置きがひんやりしないので寒い冬でも大活躍。

石鹸などの小物が置けるのは意外と便利です。

 

底の外寸は33cm×45cmです。シンクで使う予定の方は

サイズチェックをしてくださいね。

 

小さい間は水遊びにも使えるので、ベビーバスを卒業してからも

活躍します。

永和 新生児用ベビーバス お風呂でもキッチンのシンクでも使えるバスタブ

スポンサーリンク

 

2. Stokke(ストッケ) フレキシバス

床置きタイプですが、折りたためます。

かなりのビッグサイズ!

パパさんが担当なら、

これくらいのサイズがあったほうが

いいかもしれませんね。

 

大きくなったら収納ボックスとして使えるので、

おもちゃを入れておくのに便利。

 

4歳くらいまで入れるので夏の水遊びにも使えます。

ストッケ フレキシバス ホワイト

 

3. Richell(リッチェル) ふかふかベビーバス


ビニールタイプのベビーバスの

超人気商品。

色がカラフル!まるで

お菓子の中に入ってるみたい!

背もたれがあるので、

安心して使うことができます。

 

乾かしやすいひっかけふっくあがあるので、

衛生的です。

 

ふかふかなので、赤ちゃんにあたっても

いたくないので安心です。

リッチェル Richell ふかふかベビーバスW グリーン 新生児~3カ月頃まで

 

4. イマージ エアーベビーバス

 

こちらもビニールタイプ。

空気穴が4箇所に分かれていて

万が一、どこかが破れても

全部しぼんでしまうことがなく、安心。

リーズナブルながら丈夫で

使いやすいと評判も上々です。

 

リッチェルより深いものが欲しい方に人気です。

水抜きの栓はないので、空気をしぼませると

水が捨てやすいです。

 

こちらは吊り下げようの吸盤がついています。

 

 

5. 有限会社リトルプリンセス ブルーミングバス

 

インパクトのある色と形。

流し台に花が咲いたみたいな

デザインの、マット式のベビーバス。

 

こちらはこれ単体で使うというより、

シンクで沐浴するのが前提のマットです。

 

ですが、存在感強し!

厚みがあるので、安定感もあります。

後々、お昼寝座布団として

使うことも、おむつ替えのマットとしても活躍します。

 

部屋に置いておいてもかわいいですよね。

プレゼントには喜ばれそうです^^

 

6. 赤ん坊カンパニー 安心・やわらか沐浴マット

 

こちらも洗面台に置いて使う

マットタイプ。

流し台に置きやすい形なので

手軽に使うことができます。

肌触りも◎!

 

洗面台や流し台で沐浴できるのは

腰をかがめないのでいいのでママやパパにはうれしいことです。

毎日のことなので、ちょっとの大変が大きな大変になるので。

 

それから透水性のスポンジなので水切れが抜群。

洗濯機で脱水すればあっという間に水切れ。

すぐに乾くのは清潔が保たれて安心!

 

 

まとめ

 

新生児のお風呂は

想像以上に大仕事です。

 

赤ちゃんは体が柔らかくて

デリケート。

 

少しでも負担が少なく、

楽しいお風呂タイムを

過ごすには、やはり

おうちの環境に合ったベビーバスを

選ぶ必要がありそうです。

 

いろいろあって

迷っちゃいますが……。

 

ゆっくり選んで、

赤ちゃんを迎える準備、

整えていってくださいね!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました