iPhoneの写真画質が急にわるくなった時の直し方

生活

今までちゃんと見れてたiPhoneの中に保存した写真。

それが急に画質が悪くなった。

なんかさわっちゃった?

そんな疑問を解決します。

今すぐできる対処法からまとめています。

 

iPhoneの写真の画質が悪くなってよく見れない時の直し方

iPhoneの写真は  iCloudフォトライブラリーの設定で

『iPhone を最適化』が選択されていると

iPhoneの中の空き容量に応じてiPhoneの中の写真は

自動的に縮小されます。

それで画質が悪くなったと感じるんですねー。

感じるっていうか、実際画質が悪くなってるんですけどね。

 

でもこの時、iCloudにはオリジナルが保存されています。

ご安心を!

 

画像が悪い写真をタップすると、

iCloudからダウンロードがはじまって、

写真の右下の方にアプリを読み込むときのように

『読み込み中』のマークがでるはずです。

 

これが完了すれば画質が元の状態の写真が見られます。

 

この症状は『iPhoneを最適化』を選択していると

iPhoneのストレージが少なくなってくると

写真を撮ると全部iCloudにアップロードされるようになります。

 

写真の解像度を下げてiPhoneに保存することで、

iPhoneのストレージをたくさん使ってしまうのを

防いでくれているんです。

 

このおかげでほかのことにストレージが使えるわけです。

 

でも、毎回写真をダウンロードするのに時間がかかるのは

嫌だ!という人は、iPhoneのストレージにオリジナルを

全部保存しておくこともできます。

 

ただ、これはストレージの容量がもともと少ないと

すぐにいっぱいになってしまって、

スポンサーリンク

結局写真や動画を削除しなくてはならない…

なんてことになります。

 

それでも、常にオリジナルのの写真を全部iCloudではなく、

iPhoneのストレージに保存しておきたいなら、

次の設定をしてくださいね。

 

設定>写真>iPhoneのストレージを最適化のチェックをはずす

 

これでOKです。

 

 

iPhoneのストレージとiCloudストレージの違いとは?

iPhoneのストレージは、本体内に内臓されている記憶領域の事です。

iPhoneの中に保存されているってことです。

 

iCloudのストレージは、Appleのサーバーに内に割り当てられた

オンライン上の記憶領域のことです。

 

iCloudを設定した時点で5GBのストレージが

無料で使えるようになってます。

でも、5GBってすぐいっぱいになっちゃいますよね。

写真なんて保存してたらホントすぐに…

 

で、実はiCloudストレージって有料で増やせます。

国によって料金が違うようですが、

日本は月額50GB 130円、200GB 400円

2TB 1300円になっています。(2019年2月22日現在)

 

2TBもあったらもう、十分ですよね。

写真だけなら100万枚くらい保存できます。

iPhoneの中の写真やビデオ、メール、メッセージ

ファイル、ボイスメモなども保存できるので、

実際に保存できる枚数はちがってくるけど、

それにしても十分すぎるくらいの容量です。

 

200GBと2TBは家族と共有できるので、

たくさん容量がいるなら分け合ってもOKですよね。

最大5人のほかの家族と分け合えます。

 

まとめ

iPhoneの写真画像が悪くなったのは

iCloudに保存してiPhoneのストレージの容量を軽くしようとする

iPhoneの機能によるもの。

 

オリジナルの解像度の高いきれいな写真はiCloudに

ちゃんと保存されているのでそこから読み込めばいつものように

きれいな画像をみられます。

 

ただし、写真のオリジナルをiPhoneに保存すると

iPhoneのストレージがすぐにいっぱいになるので要注意。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました