空や夕日を綺麗に撮る方法 iPhoneでできる撮り方

生活

 

 

お天気のいい日に外に出かけて、

空を見上げたら、

澄んだ青空に、真っ白な雲が浮かんでいて、

まるで絵本の挿絵みたい!

と思ったことはありませんか^^?

 

夕方、仕事の帰りに、

ふと空を見上げると、

空一面がきれいなピンク色に染まっていて、

思わず立ち止まって見とれてしまうこともありますよね。

 

晴れわたる青空は、

気持ちを爽やかにしてくれるし、

夕方の空を彩る夕日や夕焼けは、

疲れた体と心を癒してくれます。

 

空の写真を撮りたい時って、

ずっとカメラを構えている時じゃなく、

ふと空を見上げた瞬間、という時が多いですよね(^-^)

 

なので、ほとんどの場合は、手持ちのスマホを使っての撮影となりますね。

 

今回は、iPhoneできれいな空や夕日を撮るにはどうするか、

コツをご説明します。

スポンサーリンク

 

 

空を綺麗に撮るには?iPhoneでもきれいに撮れちゃう

 

空をきれいに撮るには、

太陽の向きに注意しなければなりません。

 

太陽の方を向いて、空の写真を撮ると

逆光になってしまいます。

 

空が暗くなってしまうんですよね。

 

カメラが自動で露出補正をしてしまうからです。

 

太陽を横に見て写真を撮ると、空が明るく撮れます。

この場合は、太陽がある方に向かって、

空の色が薄くなります。

 

グラデーションみたいな色になる訳です。

 

太陽に背を向けて、順光で撮ると、

空全体がだいたい同じ色になり、きれいに撮れます(*^^*)

 

きれいに撮るには、ピント合わせも重要です。

 

広い空のどこにピントを合わせたらよいのか、

迷いますよね~

 

ピントを合わせるのは、画面をタップするだけです!

 

空の青の色が薄い位置にピントを合わせてみると、

カメラが自動で露出を補正して、

空が暗めに写ります。

 

逆に、空の青の色が濃い位置にピントを合わせてみると、

全体的に明るくなり、きれいに写ります。

 

空に浮かぶ雲を主役に、空の写真を撮りたい時もありますね^^

 

オートで撮ると、雲と青空の色のバランスがうまく取れないので、

自分でピントを合わせましょう。

 

画面の雲をタップして、ピントが雲に合うように調節すればいいんです。

 

そうすると、空の青が少し暗めになり、

雲の白が鮮やかに浮かび上がるように撮れます(^-^)

 

空だけを写すのではなく、

建物と空、樹木と空など、空を背景に何かを写すときは、

建物や樹木の方にピントを合わせましょう。

 

空にピントを合わせてしまうと

建物などがぼんやりと写ってしまいます。

 

空の色がきれいな青色にならない時は、

露出を変える必要があります。

 

露出補正の仕方ですが、

まずピントを合わせたい位置をタップします。

 

そうすると「太陽マーク」が表示されるので、

指で画面を上にスライドします。

 

そうすると明るくきれいに撮れますよ(^o^)

スポンサーリンク

 

 

夕日を綺麗に撮る方法 iPhoneで思い出に残そう

夕焼けの空の色を美しく撮りたいのであれば、

空の明るい部分をタップするといいんです^^

 

でも、そうすると肝心の夕日が小さめに映ったり、

全体的に暗い写真になったりします。

 

そんな時は、iPhoneのカメラについている

HDR機能を使えば、きれいな夕日が撮れますよ(^o^)

 

HDRは、明るさの違う写真3枚を合成して、

より美しい写真に仕上げる機能です。

 

カメラを起動すると「HDR」という文字が出ますので、

それをタップしてオンにします。

 

動画撮影をしながら一番いい位置で撮る、

という方法もあります。

 

まずはビデオに設定して、

カメラを移動させながら、夕日の映り具合や空全体の色を見て、

一番いい位置にきたら静止画撮影にするのです。

 

建物や樹木を手前に入れてシルエットにすると、

夕焼けが際立つ、雰囲気のある写真になりますよ(^o^)

 

その場合は、夕日や空の明るい部分にピントを合わせてください。

 

 

まとめ

 

スマホで写真を撮れば、ラインで友達に送るのも、

インスタにアップしてみんなとシェアするのも簡単ですね^^

 

青空をスマホの待ち受け画面にしたり、

きれいに撮れた夕日や夕焼けの写真をプリントして、

額に入れてお部屋に飾ってもいいですね!

 

外で美しい空を見かけたら、

バッグからさっとスマホを出して撮ってみましょう!

 

スマホのカメラを使う時は、

ついついオートだけで撮影しがちですが、

ピントを合わせたり、HDRなどの機能を使ったりすれば、

もっときれいな写真が撮れます。

 

最初はちょっと難しいと感じても、

機能を使っていくうちに、だんだん腕が上がってきますよ(^-^)

 

今度きれいな空を見たら、ぜひチャレンジしてみてください!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました