ホットカーペットの電気代が高い!電気代節約の方法

生活

寒い冬の時期、

足元から温めてくれるホットカーペット。

使用している人も多いのではないでしょうか。

 

実はこのホットカーペット、

意外と電気代が高いということをご存知でしたか?

 

今回はホットカーペットの電気代や節約方法、

他の暖房器具との比較など

ホットカーペットについて詳しくまとめました。

電気代の節約に役に立ちますよ。

▼関連記事▼

こたつの電気代はつけっぱなしの方が安い?

ホットカーペットの電気代は高い?

では、気になるホットカーペットの

電気代はいくらぐらいなのでしょうか。

 

1時間当たりの電気代を

大体27円程度と仮定して

計算してみます。

 

電気代やホットカーペットのワット数は

メーカーや電力会社によって変わりますので

大体の目安としてみてくださいね。

 

・1畳タイプ

1畳タイプのホットカーペットは、

大体250W前後の消費電力です。

8時間使用すると

250W÷1000×8時間×27円=約50円

 

・2畳タイプ

2畳タイプのホットカーペットは、

大体500W前後の消費電力です。

8時間使用すると

500W÷1000×8時間×27円=約108円

 

・3畳タイプ

2畳タイプのホットカーペットは、

大体720W前後の消費電力です。

8時間使用すると

720W÷1000×8時間×27円=約155円

 

広さによって違いはありますが、

2畳タイプで考えると、

1か月毎日使えば3240円となります。

 

3畳タイプだと、どうでしょうか。

1か月に5000円近くかかってしまいます。

 

他の電気製品もあることを考えると

電気代は結構大きくなります。

 

そもそもホットカーペットとは

どのような仕組みで動いているのでしょうか。

 

ホットカーペットは、

カーペットの中に埋め込まれた電熱線に、

電気を通すことで熱を発生させる暖房器具です。

 

端にコントローラーがついていて

温度調節などが行えます。

 

足元から冷えてくる冬の時期に、

その足元を温めてくれて、

またサイズもいろいろ準備されているので

部屋に合わせたものを選ぶことができます。

 

直接肌に触れたり、

同じ所をずっと温めたりしていると

低温火傷の可能性もあるので

注意が必要です。

 

電気代節約方法 ホットカーペット使用の場合

スポンサーリンク

では、ホットカーペットを使用しながら

電気代を節約する方法があるのかを

見ていきます。

 

暖房器具を併用する

ホットカーペットは、体を下から温めてくれるので

エアコンやストーブなど、部屋全体を温めてくれる暖房器具と

一緒に使うのがおすすめです。

 

必要な場所だけ使用する

2畳以上のホットカーペットの場合

半分だけか全面かというように温める範囲を選べるものも

販売されています。

 

人がいる場所以外は温めないようにすれば

それだけで電気代が節約できます。

必要な場所だけ温めるようにして

無駄な消費をなくしてしまいましょう。

 

断熱シートを敷く

ホットカーペットをフローリングの上に直接置くと

床が冷たくて熱が逃げやすくなってしまいます。

ホットカーペット用の断熱シートが

ホームセンターなどで販売されていますので

必ず下に敷くようにしましょう。

 

温度を調節する

弱・中・強などの温度調節機能がある場合

中や強のままだと電気代が高くなるので

部屋が温まったら弱にするなどの

温度調整をするようにしましょう。

 

エアコン・こたつ・ホットカーペットの電気代比較 安いのはどれ?

暖房器具の中で電気代が安いのはどれか

比較してみます。

 

こたつの場合は、カタログなど見ていると

大体消費電力は200~300W程度です。

 

ホットカーペットで考えると

大体1畳分の電気代と同じ

になります。

安さではこたつに勝るものはありません。

 

エアコンの場合は、

消費電力は700W~1000Wぐらいです。

大体3畳タイプのホットカーペットと

同じ電気代になります。

 

一般的にエアコンは電気代が高いといわれますが

ホットカーペットの大きさによっては

エアコン並みの電気代になってしまうんですね。

 

まとめ

 

ホットカーペットの電気代は

意外と高くなることがわかりました。

ただ、温度調整や場所の調整をすることで

節約することはできます。

 

うまく暖房器具を併用したりして、

安く暖かく、冬を乗り切りたいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました