nhkの朝ドラ 歴代 ヒロインは誰がいた?最高視聴率を出したのは誰?

TV

朝の連続テレビ小説といえば、だれもが一度は

みたことがあるはず。

 

昭和36年(1961年)から放送を開始。

日曜日を除く毎朝放送されていて

1回の放送は15分と短いですが

半年間放送されます。

 

BSなどで1日に何回か再放送があったり

週末にまとめてダイジェストを放映したりと

朝に見ることができない人でも

朝ドラを見る機会が作られています。

 

現在放送中の 「なつぞら」が

100作目となる、この朝ドラ。

 

これまでの歴代ヒロインや視聴率について

まとめてみました。

 

朝ドラの歴代ヒロイン一覧

連続テレビ小説のヒロインは、

オーディションで若手女優が選ばれることが多く

主演がきっかけで芸能界で活動し続ける人も

多くみられます。

ちなみに、「ゲゲゲの女房」の松下奈緒など

オーディションなしで指名される場合もあります。

 

そんなヒロインにはどのような女優がいたのか

気になりますよね。

歴代作品のヒロインについて振り返ってみましょう。

 

101作「スカーレット」 戸田恵梨香 

100作「なつぞら」   広瀬すず

99作「まんぷく」            安藤サクラ

98作「半分、青い」         永野芽郁

97作「わろてんか」         葵わかな

96作「ひよっこ」            有村架純

95作「べっぴんさん」     芳根京子

94作「とと姉ちゃん」     高畑充希

93作「あさが来た」         波瑠

92作「まれ」         土屋太鳳

91作「マッサン」    シャーロット・ケイト・フォックス

90作「花子とアン」         吉高由里子

89作「ごちそうさん」     杏

88作「あまちゃん」         能年玲奈

87作「純と愛」             夏菜

86作「梅ちゃん先生」     堀北真希

85作「カーネーション」  尾野真千子

84作「おひさま」            井上真央

83作「てっぱん」            瀧本美織

82作「ゲゲゲの女房」     松下奈緒

81作「ウェルかめ」         倉科カナ

80作「つばさ」             多部未華子

79作「だんだん」            三倉茉奈・三倉佳奈

78作「瞳」                榮倉奈々

77作「ちりとてちん」     貫地谷しほり

76作「どんど晴れ」         比嘉愛未

75作「芋たこなんきん」  藤山直美

74作「純情きらり」         宮崎あおい

73作「風のはるか」         村川絵梨

72作「ファイト」            本仮屋ユイカ

71作「わかば」         原田夏希

70作「天花」            藤澤恵麻

69作「てるてる家族」     石原さとみ

68作「こころ」         中越典子

67作「まんてん」            宮地真緒

66作「さくら」         高野志穂

65作「ほんまもん」         池脇千鶴

64作「ちゅらさん」         国仲涼子

63作「オードリー」         岡本綾

62作「私の青空」            田畑智子

61作「あすか」         竹内結子

60作「すずらん」            遠野凪子

59作「やんちゃくれ」     小西美帆

58作「天うらら」            須藤理彩

57作「甘辛しゃん」         佐藤夕美子

56作「あぐり」         田中美里

55作「ふたりっ子」         岩崎ひろみ・菊池麻衣子

54作「ひまわり」            松嶋菜々子

53作「走らんか」            中江有里・菅野美穂

52作「春よ、来い」         安田成美

50作「かりん」         細川直美

49作「ええにょぼ」         戸田菜穂

48作「ひらり」         石田ひかり

47作「おんなは度胸」     桜井幸子

46作「君の名は」            鈴木京香

45作「京、ふたり」         畠田理恵

44作「凛凛と」         荻野目洋子

43作「和っこの金メダル」  渡辺梓

42作「青春家族」            清水美沙

41作「純ちゃんの応援歌」  山口智子

40作「ノンちゃんの夢」  藤田朋子

39作「はっさい先生」     若村真由美

38作「チョッちゃん」     古村比呂

37作「都の風」         加納みゆき

36作「はね駒」         斎藤由貴

35作「いちばん太鼓」     三田寛子

スポンサーリンク

34作「澪つくし」            沢口靖子

33作「心はいつもラムネ色」 藤谷美和子

32作「ロマンス」            樋口可南子

31作「おしん」         小林綾子

30作「よーいドン」         藤吉久美子

29作「ハイカラさん」     手塚理美

28作「本日も晴天なり」  原日出子

27作「まんさくの花」     中村明美

26作「虹を織る」            紺野美沙子

25作「なっちゃんの写真館」 星野知子

24作「鮎のうた」            山咲千里

23作「マー姉ちゃん」     熊谷真美

22作「わたしは海」         相原友子

21作「おていちゃん」     友里千賀子

20作「風見鶏」      新井晴み

19作「いちばん星」         高瀬春奈

18作「火の国に」            鈴鹿景子

17作「雲のじゅうたん」  朝芽陽子

16作「おはようさん」     秋野暢子

15作「水色の時」            大竹しのぶ

14作「鳩子の海」            藤田美保子

13作「北の家族」            高橋洋子

12作「藍より青く」         真木洋子

11作「繭子ひとり」         山口果林

10作「虹」             南田洋子

9作「信子とおばあちゃん」  大谷直子

8作「あしたこそ」           藤田弓子

7作「旅路」           日色ともゑ

6作「おはなはん」           樫山文枝

5作「たまゆら」     加藤道子

4作「うず潮」        林美智子

3作「あかつき」     村松英子

2作「あしたの風」           渡辺富美子

1作「娘と私」        北城由紀子

 

今も第一線で活躍する女優さんがいっぱいですね。

朝ドラ人気と、女優たちの演技力がわかります。

 

朝ドラの歴代最高視聴率はいつ?何パーセント?

 

朝ドラの歴代最高視聴率を叩き出した作品は

1983年に放送された「おしん」の52.6%です。

最近のドラマなどの平均視聴率が10%から20%ですから

50%超えとはすごい数字ですよね。

 

朝ドラの歴代視聴率ランキング

最近は平均20%前後となっている朝ドラ。

 

皆様にもなじみが深そうな、思い出しやすい

2000年以降の朝ドラでの、最高視聴率ランキング

10位までを見てみましょう。

 

1位

2000年度前期に放送された「私の青空」の24.1%

 

2位

2015年度後期に放送された「あさが来た」の23.5%

 

3位

2002年度前期に放送された「さくら」の23.3%

 

4位

2016年度前期に放送された「とと姉ちゃん」の22.8%

 

5位(同率)

2014年度前期に放送された「花子とアン」の22.6%

2001年度後期に放送された「ほんまもん」の22.6%

 

7位

2013年度後期に放送された「ごちそうさん」の22.3%

 

8位

2001年度前期に放送された「ちゅらさん」の22.2%

 

9位

2003年度前期に放送された「こころ」の21.3%

 

10位

2014年度後期に放送された「マッサン」の21.1%

 

となっています。

あなたのお気に入りの朝ドラはありましたか?

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

社会で活躍していく女性や夢をかなえる女性など

自分らしく人生を生きていくヒロインが多い朝ドラ。

 

次のヒロインがどのようなヒロインで、

どのぐらいの視聴率がでてくるのか、

とても楽しみです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました