絶対NGの結婚の顔合わせ服装とは!?実は知らないうちにやっちゃってるかも!?

マナー

結婚が決まってからの最初の難関ともいえる、両家の顔合わせ。

「結納はやらないで食事会にしましょう」と言われたから、

会社に行くときと同じパンツスーツで大丈夫そうかな…

 

と、思いがちですが、顔合わせの服装としてはふさわしくありません。

それでは、顔合わせの時にはどんな服装をすれば良いのでしょうか。

 

今回は、結婚の顔合わせでどんな服装をすればいいのかについて、

やってはいけない服装とともに紹介します。

 

スポンサーリンク

超基本だけどやっちゃってるかも!?結婚の両家顔合わせでNGな服装マナーとは

顔合わせだからちゃんとした服装にしなければいけないと、

うっかりこういった服装を準備してしまいがちです。

 

・通勤の時のスーツ

・黒色のスーツ

・結婚式へ招待された時に着るワンピース

 

まず、結婚の顔合わせは、ビジネスではなくフォーマルな場になります。

かつては結納をするのが結婚前の流れでしたが、今では儀式が省かれ、

顔合わせという形で食事会をする流れが増えてきました。

 

仕事の面接ではなく、親睦を深めるのが目的なので、

通勤で着ている服装を使わないのがマナーです。

そして、男性のスーツはグレーや黒など、暗めの色になってしまうので、

こちらも黒にしてしまうと、主役の二人が地味な印象になってしまいます。

 

かといって、友人の結婚式に出席する時に着るような華やかなワンピースも、

顔合わせの服装マナーとしてはふさわしくありません。

結婚式のゲストが着るワンピースやドレスは、

アクセサリーやヘアスタイルを華やかにしてこそバランスが取れる服装です。

 

顔合わせでは、そこまで華やかにする必要はないので、

ハーフアップなど、普段のヘアスタイルでもバランスが取れる、

ワンピースやスカートスーツがオススメの服装です。

 

結婚の時の両家顔合わせの服装や化粧マナー!会場に合わせることも大事

 

 

さきほど、ワンピースやスカートスーツがオススメと触れました。

色は落ち着きがあって、華を添えるような色がふさわしいです。

具体的には、ベージュやオフホワイトなど、柔らかな印象がある色です。

 

服の柄は、無地の方が落ち着きはありますが、小花柄など、

柄の大きさが小さいものならセーフです。

小花柄のワンピースに、無地のカーディガンやジャケットを合わせる

といったコーディネートも素敵ですね。

 

スカートやワンピースの丈は、ひざ丈かそれより長い丈にしましょう。

真夏の顔合わせでも、ノースリーブではなく、

カーディガンやボレロを着て、露出は控えるのがマナーです。

 

化粧は、いわゆるナチュラルメイクにします。

先ほども触れましたが、顔合わせはフォーマルの場です。

ファンデーションと控えめのアイライナーとマスカラは、

最低限やっておきましょう。

 

逆に普段濃いめの化粧がお好きな方は、

控えめにしていくのがオススメです。

スポンサーリンク

香水も付けすぎないように注意しましょう。

 

また、どんな会場で顔合わせをするのかによって、服装が決まってきます。

料亭なのにラフな服装や、カジュアルなレストランなのに和装など、

お店の雰囲気と服装がズレてしまわないように

どんな雰囲気の場所なのか、お互いに情報交換しましょう。

 

そして、相手の家族はカジュアルな服装なのに、こちらは正装など、

両家で服装のバランスが合わないのも雰囲気が合いませんね。

お互いに話し合って、どのくらいのフォーマルさの服装にするかを

決めておくようにしましょう。

 

意外と見られちゃってる!?結婚の両家顔合わせの時の小物はこれが◎

結婚の顔合わせの時、相手の親御さんが意外とチェックしているのが、

靴やバッグなどの小物類です。

「この子本当に大丈夫かしら」と思われないように、小物もぬかりなく

用意しましょう。

 

意外とやりがちなのが、黒のパンプスです。

明るい色の服装に合うように、服装との色味を合わせたものを用意しましょう。

足にケガがあるなど、ヒールがあるものが履けない場合は、

ペタンコの靴でも構いませんが、

5cmくらいの適度なヒールのものが良いです。

 

バッグは、ブランドのものを避けて、小ぶりで上品なものにしましょう。

ハンドバッグやクラッチがオススメです。

荷物が増えてしまう場合は、サブバッグとしてもう一つ用意します。

 

「食事会のために来た」という姿勢が大事なので、

荷物は少なめにするのがマナーです。

 

アクセサリーも小ぶりなものを着けます。

華やかさも大事ですが、食事会では上品さの方が重要です。

服装に似合うものを着けましょう。

 

やりがちNG服装を避けて両家顔合わせでは上品さをアピールしよう

両家の結婚の顔合わせというと、何を着て良いかわからなくなるのは、

花嫁さんが最初に悩むことです。

清楚さや上品さが大事になるので、ワンピースや控えめな小物類で、

彼も知らない清楚な服装で、相手の親御さんに好印象を与えましょう。

 

会場や、両家の服装のフォーマルさを揃えるのも大事です。

お互いに話し合って、結婚に向けた最初の行事を乗り切りましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました