封筒の書き方 裏は名前だけでいい?押さえておくべき手紙のマナー

マナー

封筒の書き方のマナーを知ってますか(^o^)?

例えば、封筒を出す時、

裏は差出人の名前だけでもいいのでしょうか?

 

普段気にすることのない、封筒の裏側ですが、

封筒は、表も裏も、受け取った時に

一番最初に確認されるところです。

 

封筒の書き方のマナーを知らず、

適当に書いてしまうと、

相手の気を悪くしてしまうかもしれません(-_-;)

 

特に、目上の方へ郵便物を送る時や、

ビジネスシーンでは注意したいですね。

 

今回は、封筒の裏を書く時の

手紙のマナーをご説明します(^^)/

 

スポンサーリンク

封筒の裏には名前だけでもマナー違反ではない?

封筒の裏の、差出人の欄には、

郵便番号、住所、氏名をはっきりと書きましょう。

 

名前だけしか書かないのは手紙のマナー違反です!

 

受取人が家族や親しい相手ではない場合、

名前だけしか書かれていない封筒は、

不審な物だと誤解されるおそれもあります。

 

封筒で郵便を出すとき自分の住所を書かないと届かない?

封筒の裏に、自分の名前だけ書いて出しても、

表の住所と氏名が正確なら届くだろう、

だから裏の差出人の住所は書く必要がないと

思う人がいます。

 

確かに、宛先が正しく書かれていれば、

間違いなくその住所に届けられるでしょう。

 

しかし、知らないうちに

送付先の人が引っ越していることもあり得ます。

 

その場合、普通は、

あて先不明の郵便物は差出人の元へ戻されます。

 

そして、戻ってきた郵便物を見て、

間違いがあったことに気づくのです。

 

そんな事態が起こった時に、

差出人の名前が書かれていなければ、

手紙は戻ってきません。

 

封筒の裏に名前と住所を書くのは手紙のマナーなので、

自分の住所もちゃんと書きましょう^^

 

 

封筒の裏に〆を書く、書かない?

封筒の封じ目をのりで止めたあと、

封緘(ふうかん)をします。

 

封緘は、受取人以外の人が封を開けた場合に

わかるようにつける印です。

 

つまり

「第三者が封筒を開けていない証明」となります。

 

封緘をする方法は、

・封字を書く

・封緘印を押す

・封緘シールを貼る

・封蝋をする

の、4つの方法があります。

 

「〆」は「しめ」と読みます。

これは封字です。

 

「乄」のように

2つの線を繋げずに書いても構いません。

封筒の封じ目に手書きで書きます。

スポンサーリンク

 

目上の方への封書でも、履歴書の送付でも、

どんな場合でも使えますよ(^o^)

 

 

封筒の裏にある緘印の読み方と意味とは

「緘印」は「かんいん」と読みます。

 

封筒の裏の、封じ目のところに「緘」という印を押し、

受取人以外が封を開けることを禁じる、

という意味で押されます。

 

「〆」よりも丁寧で、ビジネスでよく使われます^^

 

封緘は、上記に紹介した封字と緘印以外に、

「緘」というデザインのシールや、

蝋を使って封筒に封をする封蝋もあります。

 

 

封筒裏に住所を書くなら郵便番号の書き方は?日付は必要?

郵便番号は、漢数字では書けませんね。

算用数字を使って横書きにします^^

 

和封筒で縦書きの場合、

郵便番号の最後の数字(横書きで右端の数字)が、

下に書く住所の最初の文字の真上にくるように

書きます。

 

洋封筒で横書きの場合は、

郵便番号の最初の数字(横書きで左端の数字)の真下から

住所を書き始めます。

 

それから日付の記入ですが、

封筒の裏に、封かん日(封をした日付)を書いた方が

丁寧です。

 

目上の方への封書やビジネスレターの場合は、

日付を書いた方が良いでしょう(^-^)

 

受け取る側は郵便局留めで受取人の住所書かないでも受け取れる

「郵便局留め」で郵便物を送る場合は、

受取人が指定した郵便局の窓口に

郵便物を取りに行くことになるので、

受取人の住所は書かなくても問題ありません(^-^)

 

「郵便局留め」を利用する場合は、

受け取りに利用する郵便局の

・郵便番号

・住所

・郵便局名

・受取人の氏名

を書きます。

 

郵便局名に続けて「局留め」と

はっきり書きましょう!

 

氏名は本名を書かなければなりません。

 

郵便局留めを利用して、

郵便局で受け取る場合は、

運転免許証などの身分証明書と

印鑑が必要です(^-^)

 

 

まとめ

封筒の裏の書き方は、意外と知られていません。

 

上記を見れば、「緘印」や「〆」、

裏の住所や日付など、

そのひとつひとつが大事なマナーだと

わかりますね^^

 

書き方のマナーも大事ですが、

文字を間違わないようにするのもマナーです。

 

宛先の住所はもちろん、

お名前、会社名・団体名、肩書などは特に間違えないよう、

書いた後もよく確認することが必要です。

 

封筒は急いで適当に書かず、

ゆっくりと丁寧に書くようにしましょう(^-^)

 

丁寧に書かれた封筒を出せば、

受取人が気持ちよく受け取れるし、

送り主のイメージアップに繋がりますよ♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました