営業が辛いから辞めたい!営業ができる人とは?トークの流れとは

仕事


営業は商品を売ってなんぼの世界ですよね。

営業職についたからには会社から設定される

目標というノルマを達成するように

日々努力しなくてはなりません。

でも、そうそう毎月達成できる人ばかりではないですよね。

自分は向いてないんじゃないか、

営業が辛くて辞めたいと思っているなら

お役にたちます。

スポンサーリンク

営業ができる人ってどんな人?

営業ができる人=話がうまい人

という印象はありませんか?

自分が売りたい商品のよさを上手に話して、

顧客を説得している。

そんなイメージだとしたら実は逆。

売れる営業マンは「お客様に信頼されている人」

なんです。

聞き上手でお客様との距離感を縮め、

お客様が何に困っていてどうしたいと思っているのか?

お客様が自分でも気づいていないけど、

どうしたら今の不満が解消できるのか?

そんなことを上手に聞き出し、

悩みを解決できる商品を自分が持っていると

さらりと差し出す感じ。

決して押し売りなどしないんです。

押し売りされたら嫌だから、

だれだって欲しくなってしまいます。

「聞く」ということが何より大事なんです。

売れる営業マンが使っている7つのテクニック

売れる営業マンは知ってか知らずか、

たいてい使っているテクニック。

でも、教えてはくれないテクニック。

実は本人も無意識で使っているのかもしれません。

7つのテクニックとは

スポンサーリンク
  1. お客様を主人公にする。⇒ 自分事として話をきいてもらう
  2. 問題の特定 ⇒お客様が本当は何に困っているのか理解する
  3. 問題解決に導く
  4. 問題解決の計画を提示する
  5. 行動を促す
  6. 行動しなければ失敗することを教える
  7. 商品を購入するれば悩みが解決することを伝える

この営業マンが使っている7つのテクニック。

もしもあなたも使えれば、辛い営業、辞めたい営業

という気持ちが変わるかもしれません。

辞めてしまう前に、一度この本を読んでみると

きっと役に立ちますよ。

お客様の方から欲しがる方法はこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました