Airtagで子ども見守りができるのか?の正解

子育て

4月30日から発売されるappleのAirtag。月額料金など不要で本体のみの費用しかいらないとあれば、これが子どもの見守りとして使えるならかなり経済的に助かります。ズバリお得ですよね~。

 

失くした持ち物、どこに置いたか分からなくなったものを探すために作られたAirtagはかなり優秀そうです。

 

なにしろappleが開発しているだけあって、位置情報も正確だという信頼があります。そして、見た目もおしゃれ。

 

そんなAirtagが子どもの見守りとして使えるのか?について調査したのでご使用開始ます。

迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

 

Airtagで子供の見守りができるのか?

Airtagは持ち物を探すために作られているので、子どもの見守りとしては使えません!

残念です…

 

そもそも子供の見守りとして使うにはどこにいくか分からない、動き続ける子どもの位置情報を正確に知る必要があります。

 

しかし、このAirtagは物を紛失した場合を想定しているので、まずはBluetooth圏内にあるなら「探す」アプリ経由でAirtagから音が鳴るようにすることができます。

 

部屋の中にあるのは分かっているけどどこにあるか分からない時など、Bluetooth圏内だから音を鳴らすことで探すことができます。また、Airtagが範囲内にあれば、距離と方向をスマホに正確に表示することができるので、部屋の中をなんなく探すことができるんです。

 

もしも、Bluetooth圏内になければ「探す」ネットワークを活用して失くしたアイテムを探すことになります。このネットワークでは世界中のapple製デバイスを使用することになります。

 

Airtagを「紛失モード」にすることによって近くにあるネットワーク上のデバイスがBluetooth信号を受け取り、Airtagの位置情報をiCloudに送信します。あなたは「探す」アプリを開けばマップ上で確認ができる仕組みです。

 

ただし、他人のapple製デバイスを経由することから、Airtagの位置情報や履歴はAirtagに保存されないし、Airtagの場所を中継するデバイスは匿名だし、位置情報は暗号化され、Airtagの場所はあなたしか見ることができません。

 

プライバシーが保たれるけれど、Airtagの近くにBluetooth信号を受けとれる端末がなければ反応しないことになります。

 

物であれば失くしたところに置かれ続けるのでその近くをBluetoothが受け取れるapple製デバイスが通ることもあるでしょう。しかし、子どもの動きは予測不能ですし、すぐに動いてしまう子どもの動きを追跡することは想定して作られていません。

 

小さな子供と思っていても少し目を離しただけでも思いのほか遠くまで動いてしまいます。そのため、子どもの見守りとしては子どもに持たせたものから直接居場所を発信する仕組みがある物が向いています。

 

Airtagの代わりに子供を見守ってくれるおすすめ品

Apple製デバイスならapplewatchが子どもの見守りとして使えます。ファミリー共有をすれば一台のiPhoneで複数のapplewatchを管理できます。

スポンサーリンク

 

子どもが数人いてもそれぞれにapplewatchを持たせれば、あなたのiPhone1台で子供たちの位置を確認することができるんです。

 

ただねapplewatchが高いのと、子供が出かける時にいつもapplewatchをつける、あいるはカバンなどにいれて持っていくか?といえばやっぱり持っていかないと思うんです。

 

その点、ソフトバンクの「どこかなGPS」なら月額料金もいらなくて、本体の料金と2年分の通信料付きでかなりお得です。小さいので子供が持ち歩くものにポンといれておくだけでOK。

 

同時にも守ることができるのは4人で、一台の端末を最大4人で見守ることもできます。

今ここにいるよ、というのも子どもの方から発信することもできるし、あらかじめ登録した場所なら自動でメールにお知らせを送ってくれることもできます。

 

口コミでも評価はかなりよく、

・子供の居場所と移動した履歴が分かり安心

・位置情報もだいたいあっている

・学校エリアに入ったか、出たかの通知がくる

等があります。

 

悪い口コミはほとんど電池の持ちに関するものでした。

いまどこ検索をONにしていると電池のもちが悪く、3日程度ということが不満のようです。せめて一週間持てば…というのが大方の意見です。

 

それ以外は目立った悪い評価がないので、こまめに充電できるならおすすめの品といえます。

 

まとめ

Apple社のAirtagは値段は安いが子どもの見守りとしては向いていない

かわりに月額料金のいらない見守りシステムなら「どこかなGPS」がおすすめ

 

小さな子どもの見守りはぜひしたいけれど、今のところAirtagは使えないので今後に期待して今は別のシステムを使うのがよさそうです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました