クリスマスローズを植え替えするなら時期は地植えの場合いつがいい?

クリスマスローズ 生活

 

冬に咲く花として有名な、クリスマスローズ。

名前だけ聞くと、12月のクリスマスの時期に咲くのかな、

と思いますよね。

実は咲く時期はもう少し後で、本州で2~4月、

東北や北海道では4~5月に咲く花なのです。

 

クリスマスローズは、白くて全体的にまるい雰囲気の花で、

冬を感じさせる可愛いお花です。

 

私はお店で売られているのを見たことがあるのですが、

園芸に詳しい友人によると、

一度クリスマスローズの株を買って植え替えをしていくと、

長持ちするとのことです。

 

今回は、クリスマスローズの植え替えについて調べてみました。

園芸をしている方は、ぜひ読んで植え替えにチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

クリスマスローズを植え替えする時期はいつがベスト?

クリスマスローズ

クリスマスローズの植え替えにベストな時期は、

花が咲き終わったすぐ後だと言われています。

 

2月に咲き始めたものなら3~4月、という具合です。

ただし、花が咲いている間は植え替えはしないようにしてください。

咲き終わったあとに行いましょう。

 

時期に関して大事なポイントとしては、

次の花が咲く前までに済ませるということです。

 

クリスマスローズの株は、花を咲かせるとき、

そちらにエネルギーを集中させます。

その間に植え替えで移動させたり、新しい土の中に置くと、

ストレスが余計にかかってしまい、

上手く植え替えが出来なくなるのです。

 

ですからクリスマスローズの植え替えの時期は、

花が咲き終わったかどうか、様子を見て行いましょう。

 

クリスマスローズを植え替える時に必要な用土とは?

植木鉢

スポンサーリンク

クリスマスローズの植え替えのとき、土もポイントになります。

新しく植え替えるときには、土を用意します。

この植え替えのときに使う土は、

クリスマスローズ専用の土を使いましょう。

 

ホームセンターや園芸店に行くと売っています。

クリスマスローズにとても詳しい人なら、

自分で必要な肥料を組み合わせて、

その土を使ってもいいようですが、

一般的には専用の土で植え替えるのをオススメしています。

 

専用の土だとそれを入れるだけでスムーズに作業が出来るので、

私もその方がいいと思います。

 

ちなみにクリスマスローズの用土に必要な要素としては

保水性と排水性、保肥性です。

水をたっぷり貯えつつ、滞留しないような土が必要なのですね。

これらの要素を具体的に挙げると、

中身は多くが赤玉土、腐葉土、軽石が混ざったものになっています。

 

クリスマスローズを植え替えする時の大事なコツ

時期と専用の土の他にも、

クリスマスローズの植え替えのとき、

覚えておきたいコツがあります。

 

まずは他の植物の植え替えでもそうですが、

植え替える前より大きい容器を用意しましょう。

4~5号の鉢にあるものなら、次は6号の鉢に植え替えます。

 

そして植え替える前に、新しい鉢の方に

発泡スチロールか軽石を敷き詰めます。

 

水をあげたときに鉢の底に水がたまってしまうのを防ぐためです。

これを置いた後、先ほど紹介した専用の土を、

少し水に湿らせた状態で数センチ入れます。

 

それからクリスマスローズの株を入れるのですが、

前の鉢から取り出した株はたくさんの根が張り巡らされていて、

前の鉢の形で固まっていると思います。

 

これだと窮屈なままなので、根っこを全体的にほぐしてあげましょう。

だいたい固まりを半分くらいほぐすと、

ちょうど良いようです。

 

ほぐすと根っこが広がるので、その状態で新しい鉢に入れましょう。

その後は、残りの専用の用土を入れて植え込みます。

 

クリスマスローズは株を植えたあと、

最初は鉢から水が出ていくくらい水をあげます。

そのあと1~2週間は、風があたらない日陰に置いて、

土と株がなじむのを待ちます。

 

そうすると、細い根が伸びてくるので、

それから10日後ほどは十分な日光を当て、全体的に暖めましょう。

これはクリスマスローズの生育に効果があります。

 

他に、季節ごとのコツもあります。

梅雨の時期にはカビや植物の病気に気をつけて換気をし、

夏には強い日差しを避けて、クリスマスローズを守りましょう。

 

まとめ

クリスマスローズを植え替えるときに必要な情報をご紹介しました。

今年の冬は、クリスマスローズを育てて、

お花を楽しんだあとにぜひ植え替えを行ってみましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました