窓ガラスが熱割れしてる 賃貸では誰が払う?保険はおりる?

生活

賃貸の物件に住んでいて、窓ガラスが熱割れしてしまった!

 

修理費用は大家か自分どちらが負担しないといけないのか

不安になりますよね。

 

大家や管理会社の中には、入居者が負担しなくていいものでも

請求してくる人がいます。

 

前に私の知人が引越しの時に、管理会社が負担するはずの

修繕費だと知らずに請求され支払ってしまったことがあります。

 

払わなくてよかったと分かった時には、

時間がだいぶ経ってしまっていたので諦めました。

 

「知っていればきちんと言えたのに」と後悔していました。

 

自分か大家や管理会社が負担するのか知らないと

損をしてしまうことがあるので知っておくことが大切です。

スポンサーリンク

 

窓ガラスが熱割れした時賃貸では大家と自分どっちが払う?

 

結論からいうと、熱割れは大家負担になります。

 

熱割れは外の気温と室内の気温の差が大きいために

窓が割れてしまうことです。

 

冷えたグラスに熱いお湯を入れると

グラスが割れてしまうのと同じで、

温度差によってガラスが割れてしまいます。

 

窓ガラスでは、太陽の光が当たるところは

温度が高くなりガラス表面が熱伸びてしまうのですが、

光の当たらないところは温度が低いのでガラス表面の温度は

そのままということになります。

 

その温度差が原因でガラスに負荷がかかって割れてしまいます。

窓ガラスの厚みがあるほど割れやすくなるそうです。

 

自分が原因で窓ガラスが割れてしまった場合は

自分で負担することになりますが、

熱割れは自然に起こってしまうものなので、

自分で負担する必要はありません。

大家が負担することになります。

 

もうひとつ、窓ガラスでよくあるものに

「錆割れ」というものがあります。

 

窓ガラスの表面に黒い線が入ったものを見たことがあると思います。

これは網入りガラスといって、ガラスの中に金網が入っています。

 

もし割れてしまった時に、普通のガラスのように

バラバラにならないようになっています。

 

結露などでガラスの下部分に水がたまると、

そこから網が錆びてしまいます。

錆びてしまうと、元の太さよりも膨張してしまい

ガラスが割れてしまいます。

 

割れ方はぶつけて割れたときとは違いがあるので、

見ればわかるそうです。

 

何かがぶつかって割れた場合は、ぶつかった跡があって

放射線状にヒビが入りますが

熱割れの場合は、跡はなく全体や端にヒビが入るそうです。

 

窓ガラスの熱割れを見つけたら、大家や管理会社へ連絡をしましょう。

その時は自分が原因ではないことをきちんと伝えてください。

大家が負担してくれるとしても修理となれば面倒ですよね。

 

自分で出来る熱割れ対策を紹介しておきます。

 

エアコンや暖房の風を直接窓ガラスに当てないようにする。

カーテンやブラインドなどを窓ガラスに密着させない。

家具を近くに置かないようにする。

窓ガラスにポスターやフィルムを貼らないようにする、など。

 

ちょっと気を付けてみてください。

スポンサーリンク

 

窓ガラスが熱割れした時保険はおりる?

自分で修理する場合、窓ガラスの熱割れは保険がおりるのか

気になりますよね。

 

窓ガラスの熱割れは火災保険に入っていれば

おりる可能性があります。

 

火災保険って火事のときしか使えないんじゃないの?

と思う人もいると思います。

私もそう思っていました。

 

火災保険は火事はもちろんですが、自然災害や盗難、破損などの被害も

補償してくれるんです。

 

例えば

子供が誤って窓ガラスにボールをぶつけてしまい割ってしまった。

雷が落ちて窓ガラスが割れてしまった

台風で屋根が飛んでしまった。など

こんなことでも補償してくれるんです。

 

一般的な火災保険はだいたい補償内容が似ているそうですが、

保険会社によって特約など補償内容に違いがあるので

注意が必要です。

 

火災保険には、予測できない突発的な事故によって

損害を受けた場合に支払いされる

といった内容のものもあり、

熱割れはそれに当てはまるということで

保険がおりる可能性があります。

 

保険会社によっては自然の消耗、劣化、

性質によるひび割れなどは補償されないところもあって、

その場合には窓ガラスの熱割れは補償してもらえません。

 

保険がおりる場合にも免責金額といったものがあるので

注意が必要です。

 

免責金額とは!?

 

免責金額とは修理費のうち、

自分が支払う金額(自己負担額)のことをいいます。

 

保険会社によって金額の設定は変わってきます。

 

例えば修理費が3万円、免責金額が1万円の場合は

1万円までは自分で支払う金額です。

 

そして1万円を超えた2万円は保険がおります。

免責金額の1万円を超えないと保険はおりてこない

ということになります。

 

一度、加入している火災保険がどういったものか

確認してみてください。

 

まとめ

窓ガラスの熱割れ、錆割れはあまり聞いたことが

なかったのですが結構よくあることのようです。

 

もし、窓ガラスに身に覚えのないヒビが入っていたら

熱割れかも知れません。

大家や管理会社に連絡してくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました