クリスマスにアイシングクッキーを作る材料と赤色の作り方【初心者用】

12月

クリスマスが近づいてくるとそろそろ
友達ように配るお菓子作りが気になますね?

中でも最近話題のアイシングクッキーを作ってみたい
女子も多いんじゃないでしょうか?

始めてさんが失敗しないように、
必要な材料を一から揃えて
クリスマスカラーで絶対欲しいけど
意外と難しい赤色の作り方もお伝えします。

インスタ映えするかわいいクッキー作りましょう♪

スポンサーリンク

クリスマスにアイシングクッキーを作る材料は?

クリスマスにアイシングクッキーを初めて作るなら
道具から揃えないといけません。

■必要な道具
・クッキーの型
・粉ふるい
・クッキングシート
・めん棒
・ゴムベラ
・ハンドミキサーまたは泡だて器
・ラップ
・コルネ用のPP袋又はクッキングシート
必要に応じて
・スプーン
・つまようじ

■材料 直径5cmの型 約15枚分
【クッキー生地】
・無塩バター 100g
・小麦粉 165g
・グラニュー等 75g
・卵 1個
【アイシング】
・粉糖 300g
・卵白 適量
・食用色素 又は アイシングカラー
※粉糖と卵白のかわりにアイシングシュガーを
使えば水を加えるだけで簡単にできます。
アイシングパウダーの場合 300gと水50ml

 

ハンドミキサー以外の道具は百均でもそろいます。
まずは初めてなので、百均でそろえてみるといいです。

 

もっとやってみたい!となってから本格的な
ものをそろえればいいし、アイシングシュガーも
百均にあるのでハンドミキサーなしでもできます。
食用色素も混ぜればいろいろな色ができますが、
クリスマスカラーならまずは
白(色素なし)・赤・黄・緑があればOKです。

 

コルネ用はクッキングシートを使うレシピが
多く見当たりますが、クッキングシートが
マステやセロハンテープではとめにくいので、
私はケーキのデコレーション用の袋の小さいのを
使っています。これも百均にあります。

 

アイシング用のクッキーの作り方

アイシングをするときのクッキーは
普通のクッキーより甘さが控えめになっています。

アイシングが砂糖なのでたっぷりぬると
かなり甘くなってしまいますからね~。

クッキーを作らず市販のもので代用するなら、
表面が平らで甘みの少ないものを選ぶといいです。

オレオはベースが黒なのでかっこよくできそうですが、
中にクリームがサンドされているので、
アイシングをぬるとさらに甘くなります。
これを使うときは見た目重視の時に限ります。

おススメなのは、ベビーフード用のクッキー
(ドラッグストアに売っています)か、
マリーです。

スポンサーリンク

 

では、クッキーから作る場合の作り方です。
1.室温に戻したバターをボウルにいれ、
泡だて器でクリーム状になるまで混ぜます。
レンジでチンするなら30秒から様子をみながしてください。

2.粉を粉ふるいでふっておき、バターに混ぜます。
ぽろぽろとした感じになればOK。

3.溶いた卵を加えてゴムベラで混ぜ、
生地がなじむように手でこねます。

4.生地がまとまったらラップに包んで
冷蔵庫で15分ほど冷やします。

5.オーブンを170℃で余熱を始めます。

6.冷蔵庫で冷やしておいた生地をだして、
ラップの上に置き、生地の上からも
ラップをしてめん棒で3mmの厚みに伸ばします。

7.クッキーの型で抜いたら、クッキングシートを
敷いた天板にのせる。

8.オーブンで10分から15分焼き、冷ましておく。

 

アイシングできれいな赤色の作り方

まずはアイシングの作り方

1.クッキーを冷ましている間にアイシングを作ります。
粉糖に卵白を少しずつ入れながら混ぜます。
スプーンですくってたらたらと垂れるのは
緩すぎるので、ゆっくり落ちてくる程度の
固さになるように卵白の量で調整します。

2.作りたい色の数だけアイシングを分け、
食用色素かアイシングカラーで色をつけます。
食用色素の場合は少量の水で溶いてから混ぜます。

3.クッキングシートで作ったコルネかコルネ用のPP袋
に入れて先をほんの少し切って絞り出します。
※使わない時は濡らしたキッチンペーパーで
先を包んでおくとアイシングが乾燥するのを
防げます。

アイシングは広い面積を塗るなら、
固めで縁取りをして、中を少し緩めのアイシングで
ぬるといいです。クッキー全体を塗るようなときは
スプーンで一気にすると簡単にぬれます。

細いところや四角の角のようなところは
爪楊枝でのばすとうまくいきます。

 

さて、クッキーの型やデザインにもよりますが、
クリスマスカラーと言えば、赤と緑ですよね?

食用色素の場合でもアイシングカラーの場合でも
意外と難しいのが「赤色」のアイシングを作ること。

アイシング自体は白なので、少量の赤を混ぜると
ピンクになってしまいます。

かといって食紅で真っ赤になるようにしようと思うと
ものすごい量が必要になり、とても食べられるような
ものでなくなります。

アイシングをすると意外に困るのが赤色をだすこと
なんです!

そこで、私がやってうまくできた方法を紹介します。
食紅を使うと水で溶くのでどうしても薄くなります。
大量に食紅をいれても全く赤にならないので、
アイシングカラーを買いました。

ピンク+茶色+少しの赤をまぜるといっけん朱色
のような赤ができます。

が、これが乾くとだんだん濃くなってきて、
きれいな赤色になります。

アイシングカラーは8色セットだと2,000円程度なので
ちょっと高いですけど、ほんの少しできれいな色が
でるので何度もアイシングをやってみたくなったら
買ってもいいと思います。

今回は初めての方ように材料などを書いているので、
さすがにそれはもったいないですよね?

食紅で赤くするには、普通は水で溶くところを
水で溶かずにそのまま砂糖に混ぜます。
それから少しずつ卵白を混ぜてください。
これで赤に近づきます。

後、私はまだ試したことがないんですが、
アイシングカラーにクリスマスレッドという
カラーがでてました。

これを使うと毒々しいくらい?きれいな真っ赤が
できるようです。

これだと1個税込み464円なので
アイシングカラーのセットを買うよりは安くすみます。
赤以外を食用色素にすれば安上がりですよね?

 

まとめ

アイシングクッキーはクッキーは甘みを抑えて作ることと、
アイシングの固さに注意するのが一番のポイントです。

色がうまくできなかったら、
アラザンやスプレーチョコや星形のトッピングなどで
アイシングの上を飾ってもかわいくできます。

クッキー自体に抹茶やココアで色付けしてしまえば
白だけでも文字や模様でクリスマスっぽくできます。

作ったあとは半日以上はアイシングを乾かしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました