PTA会長の挨拶を卒業式ですることに!どんな内容にすればいいの?

イベント

年が明けると、春はすぐそこ。

 

春が近づいてくると、なんだかうきうきしてきますよね。

お子さんがいる方なら、卒業シーズンにさしかかる

ころではないでしょうか。

 

PTAのおつとめをしている方、特にPTA会長をしている方は、

卒業式に挨拶をお願いされるでしょう。

 

今回は、小学校の卒業式でPTA会長として挨拶をする人に、

挨拶のポイントと例文をご紹介したいと思います。

 

お子さんの卒業式なので、つい力が入ると思いますが、

事前に情報を知っておいて、落ち着いて当日を

迎えられるようにしましょう!

スポンサーリンク

 

PTA会長の挨拶を卒業式でする際の内容のポイントとは

PTA会長の挨拶はどのくらいの長さが適切なのでしょうか。

一般的には400字詰め原稿用紙3枚、

時間は3~5分ほどが目安といわれています。

 

代表的な内容の順序は、以下になります。

→自己紹介

→お祝いの言葉(卒業生へ)

→在学中のエピソード・伝えたいこと(卒業生へ)

→お礼・感謝の言葉(学校の先生・保護者の方々へ)

→最後の挨拶

 

PTA会長として挨拶するということは、

重要な役目を果たすことになります。

 

しかし卒業式の主役はあくまで卒業生です。

あまり長すぎると、子供たちは退屈してしまうので、

上記の時間を目安に、子供たちも聞きやすい内容を

こころがけましょう。

 

出来たら校長先生に、子供たちが理解しにくい言葉が

入っていないかなど、みてもらうと安心できます。

 

PTA会長は、教育委員会などと並んで、

来賓祝辞のひとつという扱いになります。

 

将来を指南するような内容ではなく、

少しアドバイスを交えた内容にするのが良いでしょう。

 

文章を作るときに気をつけたいポイントは、

「お父さん・お母さん・ご両親」という言葉を

なるべく使わないようにすることです。

 

全ての子供に両親がいるとは限らず、

様々な家庭環境があるからです。

 

「保護者・ご家族」など、

子供たちを見守ってくれている人という

表現にしましょう。

スポンサーリンク

 

全体の文章の雰囲気として、難しい言葉をあまり使わず、

ひとつの内容を簡潔にまとめることが大切なポイントです。

 

そして実際に話すときには、なるべく大きな明るい声で

ゆっくりと、をこころがけましょう。

 

 

PTA会長の挨拶を卒業式でする際に参考になる例文

 

それでは具体的に、PTA会長としての挨拶の例文を

みていきましょう。

 

例文を自分の言葉にして書いたり、

内容を参考にして作文したりしていくのがオススメです。

エピソードや伝えたいことで、スピーチの長さを調整しましょう。

 

例文)

○○小学校、PTA会長の○○です。

 

6年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

今日の良き日を迎えられたことを心からお祝い申し上げます。

 

小学一年生として○○小学校の校門をくぐったあの日から、

もう6年がたとうとしています。

 

みなさん、とても立派に成長されましたね。

思い出もたくさんできたと思います。

楽しいことも、辛いことも含めての小学校生活、

どうでしたか。

いろんなことがあったと思います。

 

4年生からは1~3年生の子たちとも交流し、

お兄ちゃん、お姉ちゃんとして接してくれたこと、

みんな感謝しています。

 

それらの思い出は、これからの未来でも

思い出すことがあるでしょう。

 

新しい人間関係をつくるとき、やりたいことが見つかったとき、

役に立つこともあると思います。

 

がんばった6年間の自分を、

今日の卒業式でほめてあげてくださいね。

 

そして、日々あたたかく見守っていただき、

時には厳しく指導していただきました校長先生をはじめ

諸先生方、今日まで本当にありがとうございました。

 

卒業生の保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。

PTA活動にも日頃からご理解・ご協力をしていただきまして

深く感謝しております。

この場をお借りして、お礼申し上げます。

 

最後になりましたが、卒業生の方々の

今後の活躍を期待しております。

本日は誠におめでとうございます。

 

 

まとめ

 

小学校の卒業式でのPTA会長の挨拶、いかがでしたか。

スピーチしなければいけないと思うと、

焦って文章が思いつかないという人はけっこういます。

 

前もって例文を参考にして組み立てていくことで、

落ち着いて良い文章ができると思います。

 

PTA会長の方のスピーチが、上手くいくことを祈っております。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました