「秋分の日」にはおはぎの理由とおはぎ以外の食べ物とは?

9月

2018年の秋分の日は、

9月23日(日)です。

 

秋分の日は、

「先祖を敬い、亡くなった方を偲ぶ日」と

制定された祝日です。

 

昼と夜の長さが同じになる日でもありますね。

 

仏教では西の方角に

極楽浄土があるとされています。

 

秋分の日は、

太陽が真東から昇り真西に沈むので、

西の方角がはっきりとわかるのです。

 

間違いなく西を向いてお祈りができるので、

秋分の日は極楽浄土の仏様に

お祈りを捧げる最適な日と考えられたそうです^^

 

その仏教の考えがもとになって、

秋分の日におはぎを食べるようになったんです。

スポンサーリンク

 

秋分の日に食べる食べ物に「おはぎ」が挙がる理由とは

 

なぜ秋分の日に

おはぎを食べるようになったのでしょうか?

 

昔の人は小豆の赤い色が

邪気を払ってくれると信じていたので、

お彼岸のお墓参りには

魔除けとしておはぎをお供えしていました。

 

当時は今のように

かんたんにお砂糖が手に入る時代ではありませんでした。

 

砂糖を使うおはぎは貴重な食べ物だったんです。

 

そんな特別な食べ物をご先祖様にお供えすることで、

尊敬の念をあらわそうとしたのでしょうね^^

 

その習慣が今でも引き継がれて、

お彼岸である秋分の日に

おはぎを作って仏壇やお墓にお供えするようになり、

そして食べるようにもなったのです。

 

ところで、「おはぎ」と「ぼたもち」って

同じように見えるけど何が違うの?

と疑問に思う人も多いでしょう。

 

おはぎもぼたもちも、

もち米にあんこを使うのは同じです。

 

実は、粒あんを使うのが「おはぎ」で、

こしあんを使うのが「ぼたもち」なんです^^

 

小豆を収穫する時期が9~11月なので、

秋は新鮮な小豆を味わうために

粒あんでおはぎを作るのです。

 

春のお彼岸は、

秋に収穫して保存した小豆を使うので、

皮が固くなります。

 

そこで、こしあんにして使うようになったのです。

 

「おはぎ」という名前は、

植物の「萩」がもとになっているんですよ(^-^)

 

萩の花が小豆のように見えることから

名付けられたようですね。

 

ちなみに、「ぼたもち」の名前の由来は、

牡丹からきているそうです。

 

 

「おはぎ」以外に秋分の日に食べるとよい食べ物とは

スポンサーリンク

秋分の日が仏教にもとづく

お彼岸であることから、

肉や魚より野菜を中心に食べようと

心がける人もいるようです。

 

それに、秋は野菜や果物が

おいしい時期でもありますからね(*^^*)

 

秋の旬の野菜や果物は、

ビタミン、食物繊維、βカロチン、ミネラルなど

栄養素が豊富です。

 

暑い夏の間に疲れた体を癒し、

整える効果があるものばかりですね!

 

ビタミンを摂れば夏で弱った体を元気にしてくれるし、

食物繊維は腸を整えてくれます^^

 

秋には積極的に野菜や果物を摂ると

体が元気になりますね!

 

秋が旬の野菜といえば、他には、

シイタケ、シメジやマイタケなどのきのこ類、

サツマイモ、ジャガイモ、サトイモなどのイモ類、

にんじん、カボチャ、玉ねぎ、

レンコンにゴボウなど、

たくさんありますね~

 

そうそう、秋の野菜といえば真っ先にマツタケ!

と思い浮かぶ人も多いのでは?

 

今年も香りのいいマツタケ、

食べたいですね(*^▽^*)

 

秋の果物も忘れてはいけません~

旬の果物は、リンゴ、カキ、クリ、

ぶどう、イチジクなどなど。

たくさんのおいしい果物が秋に収穫されます。

 

クリを栗ごはんにしてもいいですね♪

 

ホクホクの栗ごはんは食卓に幸せを運んでくれます(^-^)

 

最初に肉や魚より野菜を、

と言いましたが、

秋といえば「さんま」です~

 

秋のお魚は、他に、

アジ、アナゴ、アマダイ、アユ、

カツオ、キンメダイ、などなど。

 

秋にはおいしいお魚もいっぱい!

 

やっぱりお魚も食べたい(*^^*)

 

 

まとめ

 

ところで秋分の日って、

毎年同じ日じゃないんですね。

 

国立天文台が「暦象年表」にもとづいて

日にちを決定しているそうです。

 

今年は日曜日が秋分の日なので、

振替休日になり、

24日(月)がお休みになりますね。

 

3連休になりますが、何をして過ごしますか^^?

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました