三カ月の赤ちゃんの肌がカサカサ!お手入れの方法は?

子育て

赤ちゃんが生まれて三カ月くらいになると、

今まであんなにすべすべ、ぷりっぷり、つるっつる

だった肌が、気が付けばカサカサ!

なんてことがよくあります。

 

うちの子たちもほっぺのカサカサが目立っていました。

その時のお手入れの方法などを紹介します。

 

 

三カ月の赤ちゃんの肌がカサカサ!こんな時はどうする?

 

赤ちゃんの肌は三カ月頃になると

乾燥してカサカサしてきます。

 

石けんであらいすぎないこと、

保湿をしっかりすることが大事です。

 

この段階ではアトピーなのか、ただの乾燥は肌なのかは

断定できないので、とにかく保湿を心がけましょう。

 

アトピーだったとしても肌を清潔にして保湿が大事なんです。

放っておけばますますひどくなるので

すぐにケアしましょう。

 

赤ちゃんの肌は皮膚も薄く敏感です。

肌が乾燥肌になっていると、ほっぺは赤くなったり、

ひび割れたようなカサカサが目立つようになります。

 

見た目にスグに分かるので、カサカサを発見したら

すぐにケア開始です!

 

 

赤ちゃんの肌の手入れ方法!お風呂編

 

お風呂ではごしごし洗いは禁物です。

赤ちゃん用の低刺激のベビーソープでよく泡立てて、

優しく泡で洗います。

 

なでるように洗うだけで十分です。

赤ちゃんの肌はまだ薄く刺激を受けやすいので、

洗浄力の強い石けんやボディーソープではなく、

低刺激のものを選びましょう。

 

それならいっそ、何もつけない方がいいんじゃないか?

なんて思いますよね?

 

私は石けんで洗うと乾燥するんじゃないかと思って、

お湯だけで洗っていました。

 

そうしたら検診の時に、「脂漏性湿疹になっている

と言われました。

 

赤ちゃんは油分と水分のバランスが2ヶ月をすぎると

スポンサーリンク

乱れるんだそうです。

 

それで、保湿をしないと乾燥するんですが、

石けんで洗わないと余分な油分で湿疹になってしまうんです。

 

お医者さんに「石けんで優しく洗ってください」

と言われたので、その日から赤ちゃん用のボディソープを

使い始めました。

 

そしたらすぐに脂漏性湿疹はよくなりました。

 

 

赤ちゃんの風呂上りの肌には保湿を!

お風呂から上がったらなるべく時間をおかず、

できればお風呂から上がってすぐ脱衣所で

保湿したいくらいです。

 

ママもお風呂上りすぐに化粧水や乳液などで

お手入れをしますよね?

 

赤ちゃんのお肌も同じなんです。

 

保湿剤はどんなものがいいか?

といえば、ドラッグストアなどで手に入る

ベビーローションで十分です。

 

ただ、ベビーローションでも肌にあう、合わないが

あるので、塗ってからはよく肌を観察してくださいね。

 

合わない時には1~2回ですぐに症状が現れます。

カサカサがひどくなったり、湿疹がでてきたら

そのローションはあわない証拠ですので、

すぐにやめましょう。

 

私が使ってよかったのは、

「白色ワセリン」です。

 

ドラッグストアで手に入るのですが、

安くてたっぷりあります。

 

ローションのようにのびはよくないですが、

いろんなものが混ざっていないという点では

安心できます。

 

ちなみに、ママのカサカサの唇や

ガサガサかかとにぬっても効果的なので、

経済的でもありますよ!

 

 

まとめ

赤ちゃんの肌がつるつるなのは

一般的に2ヶ月まで。

 

3ヶ月頃からは水分と油分のバランスが崩れてくるので、

肌がカサカサするお子さんは増えてきます。

 

カサカサしているからといってアトピーとは言えないので、

神経質になりすぎず、しっかり保湿をしてあげましょう。

 

お風呂では石けんを泡立てて優しくなでるように

洗ってあげましょう。

 

乾燥する季節には加湿器を置くのも効果的です。

その時には加湿器のお手入れも定期的にしてくださいね。

 

それでも一向にカサカサがよくなる感じがしなかったら、

小児科で診察を受けましょう。

 

心配しすぎず、気長にお手入れしてあげてくださいね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました