おみくじの凶はどうする?結ぶといい?効力はいつまで?その不安を解消

生活

新年になって気持ちを新たにした時や
何か願い事があるときなどにおみくじをひいたりしますよね?

大吉がでますように!なんて思っていても運悪く凶をひいてしまうこともあります。
そんな時はショックでどうすればいいんだろう?
何か悪いことが起こる?と不安になりますよね?

また、神社で凶のおみくじを結んでくれば大丈夫なのか、
いつまでその運勢なのかも気になることと思います。

凶をひいてしまったあなたの不安を解消します!

スポンサーリンク

おみくじで凶をひいたらどうする?何か悪いことが起こるの?

おみくじで凶をひいたらどうすればいいんでしょう?
もう一回おみくじを引いて大吉、せめて吉がでるまでひけばいい?

だいじな願い事があるときなどは早くどうにかしたいですよね?

ですが、ちょっと待ってください。
おみくじについてあなたは誤解をしているかもしれませんよ。

そもそもおみくじとは単に吉だとか、凶だとかのように
いいか悪いかの判断を目的として引くのではなく、
その内容から今後の生活の中で適切な行動に導く指針として
役立てていくことが何より大切なことなんです。

おみくじに書いてある内容を今後の生活に活かしましょう、
というものなんです。

過去や今がどうというものではなく、
神様からのメッセージであるおみくじの内容から
今後の行動を変えていきましょうね、といものだといえます。

凶がでたとしても、おみくじに書いてあることを心にとめて
行動や心がけを変えていけば、運勢は変わるのです。

おみくじで凶なら神社の木に結ぶと大丈夫なの?

おみくじに書いてあることから今後に活かしましょうといわれても、
凶だとでれば「不吉」な感じがして、神社においてきてしまいたいと
神社の木に結んでしまって早く忘れたい!と思うかもしれません。

神社の木に結ぶと木の成長を妨げる原因になるので
おみくじを結ぶための場所を用意している神社もすくなくありません。

それを見ると多くの方が結んでいるし、凶のおみくじは置いて帰りたい
かもしれません。

また、「神社との縁を結ぶ」といっておみくじを結ぶのがよい
という考えもあるようです。

ですが、おみくじに書いてあることに気を付けて自分の行動を
改めるには持って帰って度々見返した方が自分の行動に気を付けることが
できそうです。

おみくじを持って帰るなんて!!
と、驚くかもしれませんが、実はおみくじは持って帰っても
何の問題もありません。

むしろ、おくみじを充分読み返すには持って帰らないと
できないですよね?

スポンサーリンク

しかも、たとえ大凶だとしても書かれていることに
気を付けていれば平安がもたらされるのです。

神社の木に結んで置いて帰ってしまっては、
神様からのメッセージを受け取らず、忘れてしまう可能性大です。

このままだと悪いことがおこりそうだから、
〇〇に気を付けてね、という神様からのメッセージを活かすには
持って帰ってよく読みなおす方がいいと思いませんか?

自分の行動次第で今後を変えていくことができるのです。

もちろん、信じるか信じないかはあなた次第ですし、
今後が吉かどうかを選ぶのはあなた自身ということです。

おみくじの凶はいつまで効力があるのか

おみくじの効力はいつまであるのかは凶だと特に気になりますよね?

悩みや願い事があっておみくじを引いた時にはその悩みや願い事が
解決したら区切がつくことになります。

おみくじはその時のあなたに「今のままではこうなりますよ」
というメッセージなので問題が解決したらその後は処分して構いません。

処分の方法としては神社の古札納め所にもっていってお炊き上げを
してもらえばいいです。

お守りと違って神様の魂がはいっているようなものではないので、
ごみとして捨ててしまっても構わないのですが、気になる場合は
清めの塩をふってすてれば大丈夫です。

まとめ

おみくじは過去のことではなく未来の占いです。
しかも、決定した未来ではなく、
「今のままではこうなりますよ」
というお知らせなので、おみくじに書いてあることに気を付けて
今から行動を替えれば未来は吉にかえられるというものです。

凶がでたからといって落ち込む必要もないし、
心配することもありません。

ただこれからの行動を気を付ければいいだけです。
必要以上に不安がることはありませんよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました