スマホ老眼も怖くない!症状チェックと今すぐできる改善法

病気

老眼とは縁が無いはずの若い世代が、「老眼」の症状を

発症するという異常事態が、今起こっています。

 

その驚くべき原因が、スマートフォン(スマホ)の使い過ぎ

にあるというのです。

 

20代〜30代の若い人の間に、いわゆる「スマホ老眼」が

増えているといいます。

まさに、スマホが、日常に無くてはならない機器であろう

世代です。

 

若者だけではなく、40代以上の世代についても同様で、

「老眼になる時期を早めてしまう」危険があるのです。

ここではスマホ老眼の症状、チェック方法、改善方法についてまとめています。

スポンサーリンク

 

年齢なんて関係なかった!?スマホ老眼の症状

 

人間の目で、レンズの役割をするのが、「水晶体」という

部分です。そして、これをとり囲む「毛様体筋」という

ものがあります。

 

物を見る時、水晶体を厚くしたり薄くしたりと調節する

ことで、ピントを合わせています。

この、水晶体の厚さ薄さを調節する為の働きをするのが、

毛様体筋です。

 

毛様体筋は、近くを見る時は緊張し、水晶体を厚くします。

逆に、遠くを見る時はリラックスして水晶体を薄くします。

 

歳をとると、老化によって毛様体筋の調節機能が劣り、

ピントを合わせづらくなります。

これが老眼です。

 

スマホのように、近くのものを見るという行為を

長時間するということは、毛様体筋が

緊張しっぱなしの状態を強いることになります。

すると、毛様体筋が徐々に疲弊して弾力を失い、

調節機能がうまくいかなくなります。

結果、老化によってピントが合わせづらくなる、

「老眼」と同様の状態になるという訳です。

 

老化現象による老眼は、避けられない現象

ですが、若い世代の「スマホ老眼」は、

スマホの使い過ぎでの、一時的な老眼なので、

スマホを使用をある程度控えれば、老眼の

症状は解消します。

 

中高年世代にもスマホはすっかり普及して

いますが、若者同様、便利なあまりスマホを

使い過ぎて、老眼発症が本来よりも早まって

しまった・・・なんてことにならないよう、注意

しましょう。

 

スマホ老眼チェックしてみましょう!あなたは大丈夫?

スポンサーリンク

近くを見る時、対象物の焦点が合わなくなる。

目を寄せる力が落ちる。

動体視力が落ちる。

視野が狭くなる。

 

これらが、老眼の症状です。

 

 

これがスマホ老眼の改善法

スマホ老眼にならない為には、スマホを見る時間を

短くするのが第一ですが、見る時にも、最低でも

1時間ごとにスマホを見るのを止め、目を休めましょう。

 

やけどをしない程度に熱いタオルで、閉じたまぶたの

上を温めるのも、目のリラックス効果があります。

(市販の、専用ホットシートもありますね。)

 

それから、スマホを見る時は、画面から40cm以上

離して見るようにしましょう。

 

暗い中でスマホを見るのは良くありません。

明るい場所で見ましょう。

 

夜寝る前に、スマホを長時間見るのも、やめましょう。

 

時々遠くの景色を見ると、目の緊張がやわらぎ

ます。

 

また、スマホのブルーライトが目に及ぼす悪影響も

指摘されています。

この問題を受けて、メーカーによっては、ブルーライトが

少ないスマホがあるので、買い替えを検討している方は、チェック対象にするのもいいかもしれません。

 

買い替えまではもったいない!という方には

便利なアプリがあります。

私はPCではf.luxを使ってブルーライトカットをしてますが、

これのスマホ版もありました。

 

ただ、iPhoneには対応してません。

残念…

 

他にもアプリはあるので気に入るものを探してみてください。

 

まとめ

それにしても、スマホで「老眼」になるなんて、

誰も予想だにしなかったのではないでしょうか。

 

パソコン・携帯電話・スマホ・・・。

これらが私達の生活の中で身近になって以来、

目の酷使が日常的になっています。

 

スマホの登場で、さらにそれが悪化し、目が

「老眼」という名の悲鳴をあげた、ともいえる

のではないでしょうか。

 

今後も、スマホは、ますます私達に欠かせない

ものとなっていくのは確実でしょう。

 

「スマホ老眼」

 

この、新たに登場した現代病を、ひとつの教訓

として、自分がスマホと今後どう付き合っていくか、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました