成人式までに肌荒れを治すには?食べ物・洗顔・生活習慣で改善

成人式

成人式にはきれいな肌で行きたいですよね?
記念写真もとるし、久しぶりに会う同級生にも
肌が汚いところなんて見せたくない!

一生に一度の成人式ですから、
少しでもきれいな肌になってきれいな顔で
写真を撮りたいと誰でも思うものです。

短期間でできるだけきれいな肌になるために
食べ物・洗顔・生活習慣についてまとめました。

スポンサーリンク

 

成人式までに肌荒れを治したい

成人式までに肌荒れを治したい!
そんな切実な願いのために大切なのは、
食べ物の注意、洗顔方法の注意、
生活習慣の注意が必要です。

まず、食べ物ではやはり手軽に食べられるものは
止めましょう。

分かりやすいところだと、
市販のお弁当、カップ麺、ファストフード、
ハムやベーコン、ウインナーなどの加工品、
スナック菓子、ケーキなどです。

これらには添加物が様々に入っていますし、
カロリーも高いです。

ざっくりですが、魚を焼いただけ、
肉を炒めただけなどの簡単な料理でも、
お弁当やカップ麺、ファストフードよりは
肌のためにはずっといいです。

次に洗顔方法。
ニキビができているからと言って
何度も洗うのは厳禁。

お化粧を落とすためにもごしごし洗いも
禁物です。

そして、生活習慣。
仕事やバイトで夜が遅くなる場合は
難しいでしょうが、睡眠時間の確保は
大事です。

主なことは上記のとおりですが、
それぞれについて次の章で詳しく見ていきましょう。

 

肌荒れを治す食べ物はコレ

肌に悪い食品については先ほど述べたとおりです。
ざっくりですが、簡単に食べられるものは
肌荒れの原因になってしまう可能性が高いです。

では、治すには何かいい食べ物があるのでしょうか?
これを食べれば治りますよ!
とは言い切れませんが、健やかなお肌を保つためにはやはり必要な栄養があります。

まずはビタミンCを含んでいる食べ物です。
紫外線から肌を守り、シミやシワ、ニキビの改善の効果があります。
そしてお肌のきれいさを左右するキメを整えてくれます。

どんなものに含まれるかというと、
パプリカ、ピーマン、キャベツ、貝割れ大根
ブロッコリー、カリフラワー、パセリ、じゃがいも、
焼のり、味付けのり、みかん、バナナ、レモンなどです。

嫌いじゃなかったらバナナは安くて手軽に食べられるのでおすすめです。

次にビタミンB6を含む食べ物です。
これはタンパク質やアミノ酸の代謝を助けたり、
細胞を作るときに必要です。

肌のターンオーバーが崩れると肌の調子が悪くなりますが、
これを整えてくれる効果があると言われています。

ビタミンB6を含んでいる食品は
鶏レバー、豚レバー、鶏ささみ、鶏むね肉、牛肉
いわし、まぐろ、鮭、さんま、サバ、サーモン、カツオ
などの魚・肉類、
それから
ピスタチオ、落花生、ゴマ、豆腐、納豆、おから
バナナ、マンゴーなどです。

肉や魚や取り入れやすいし、焼くだけで調理ができるから
料理も簡単ですよね。

豆腐なら冷奴だとパックから出すだけだし、
納豆もそのまま食べられます。

マンゴーはドライフルーツにもなっているので、
年中取り入れられます。

最後にビタミンB2を含む食べ物ですが、
皮膚のビタミンとか、エネルギー代謝のビタミンと呼ばれていて、
摂取した脂質、糖質、タンパク質を分解してエネルギーに変えます。
皮膚の働きを正常にしてくれます

これが足りないと、肌荒れしたり、ニキビができたり、
痒みがでたりします。

ビタミンB2を含む食品は
豚・牛・鶏のレバー、はつ、うなぎ、うずらの卵、イクラ、
魚肉ソーセージ、たらこ、卵、うに、カマンベールチーズ、
味付けのり、ほしのり、焼のり、いわのり
などです。

スポンサーリンク

卵や魚肉ソーセージは取り入れやすいですね。
嫌いでなかったらレバーが含有量が多いのでおすすめです。

 

肌荒れを治す洗顔方法はコレ

肌荒れを治すためには洗顔方法も見直さなければいけません。
メイクをしているならクレンジングを使うと思いますが、
クレンジング+洗顔料のダブルクレンジングはかえって肌を痛めます

できれば石けんで1回のみの洗顔がおすすめです。
もちろんよく泡立てて肌への負担を少なくして洗わないといけません。
ぬるま湯で洗ってくださいね。

しかし、石けんで落ちないメイク汚れは数日で古い角質と共に剥がれ落ちると
医師の見解があるといってるサイトもありますが、石けんだけではメークが落ちていないといっている医師もいます。

それぞれによって見解が違うようですが、
石けんのみで落ち切っていないメイクがあっても翌日肌荒れが悪化していなければ続けて大丈夫でしょうが、悪化する場合はきちんと落とした方がいいです。

私の場合は乾燥肌ですので、オイルよりもゲル状のクレンジングを美容部員さんにおすすめされました。

メイクはきちんと落ちるけど、ツッパリすぎることもなく調子良いです。
また、汚れが落ちていないと小鼻がものすごく痒くなるので、
私の場合は石けん洗いのみでメイク汚れが残っていてもOKというのは無理でした。

あなたにあった方法を試してほしいのですが、
どちらにしても、ぬるま湯で洗い、ごしごし洗いは禁物です。

洗顔後にはしっかり保湿をしてください。
化粧水はたっぷりと。
コットンパックもおすすめです。

 

肌荒れを治す生活習慣はコレ

最後に生活習慣ですが、
やはり、食べ過ぎ、飲みすぎ、睡眠不足は
肌荒れの悪化を招きます。

食べすぎず、仕事やバイトで帰りが遅くなった時は、
できるだけすぐに寝て睡眠時間を確保してください。

肌のためには午後10時から午前2時までの間に寝ていることが大事です。

睡眠時間自体については6時間の人、9時間の人と
それぞれで必要な時間が違うので一概には言えませんが、
お肌のゴールデンタイムに寝ていると調子が良くなるはずです。

また、90分ごとにレム睡眠とノンレム睡眠が入れ替わっているので、
1.5時間の倍数の睡眠時間を取ると起きる時にすっきり起きられると言われています。

 

まとめ

食事と洗顔と睡眠時間でお肌の調子は格段に良くなってくるはずですが、
1日や2日で効果が出る物ではありません。

2ヶ月は欲しいといっている医師もいますし、
明日には美肌に!というのは難しいですが、
洗顔と睡眠時間にも気を付けると早く効果がでやすいです。

ただ、あまりに肌荒れがひどい場合は皮膚科で薬を処方してもらってください。
ステロイドを処方されるのを怖がっている人もいますが、
正しい量を正しく使えば実は怖いものではないんです。

独自の方法でお手入れしたばかりになかなか治らない!
なんてこともあるので、ひどい時には皮膚科にいくことも
心の片隅にとめておいてください。

成人式までにお肌がきれいになって、きれいなお顔で出席できるといいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました