カレーを夏場に常温保存するのは危険!意外と知らない怖い事実

料理

家庭料理の定番といえば、カレーですね。

ついついたくさん作ってしまうから、次の日もカレー…

なんてよくありますよね。

 

でも、ちょっと待ってください!

湿度が高い夏に、カレー鍋をそのまま置いておくのはとても危険です。

 

ただでさえ常温で食べ物を置いておくのが危険な季節。

作る時に煮込んでいても、スパイスをたくさん使っていても、

常温保存はやめましょう!

 

今回は、なぜ常温保存が危険なのか。

そして、夏場はカレーをどうやって保存したら良いかについてご紹介します。

スポンサーリンク

カレーを常温保存するのはナゼ危険?

何が危険かというと、ズバリ食中毒です。

でも、食中毒は、火を通していない食べ物で起きるイメージですよね。

ところが、煮込み料理でも生き残る細菌がいます。

 

その名は「ウェルシュ菌」

ウェルシュ菌は、人の腸の中や土の中、水の中など、

自然界に多く生きている菌です。

もちろんカレーによく使う、豚肉や鶏肉、

魚介類にも住んでいる菌です。

 

空気がなく、酸素が少ない場所を好むので、

カレーやシチューといった料理の鍋の底などで増殖します。

しかも、ルーを入れる前でも入れた後でも変わりはありません。

 

普段は「芽胞」というカプセルのようなものに包まれているので、

悪さをすることはありません。

逆に、芽胞に包まれているので、100℃以上の高温でも身を守ることができます。

 

そして、ウェルシュ菌にとって心地よい温度になると、

発芽して、増殖し始めます。

このウェルシュ菌に冒されたカレーを食べると、

10時間後くらいに腹痛や下痢といった、

食中毒の症状が出ます。

 

カレーは夏場に常温で何時間まで安全に食べられるのか?

では、夏場のカレーは作ったらすぐ冷蔵庫に入れないといけないのか。

でもそれは現実的に難しいですよね。

何時間くらいなら常温で保存しても問題ないのでしょうか?

 

ウェルシュ菌が繁殖するのは、20~50℃くらいです。

そのくらいの温度になってから、約5~7時間くらいすると、

スポンサーリンク

増殖し始めます。

 

かといって、カレー鍋をいつも沸騰させてグツグツ煮込むのは、

焦げる心配がありますよね。

なので、作ってから5時間くらいが、

夏場でも常温で保存できる時間ということになります。

 

たとえば、夕飯にカレーを食べるなら、

夕方に作って、夕飯を食べ終わったら冷蔵庫にしまうと、

食中毒の危険は低くなります。

 

夏場にカレーを作った後はこう保存するのが正解

 

たくさん作ったカレーを保存するには、

作ってから5時間ほど経って、冷めてきたら冷蔵庫へ入れて、

ウェルシュ菌が発芽しない温度で保管しましょう。

 

作った次の日に食べるなら、冷蔵庫での保存で大丈夫です。

量が多くてその次の日も食べる場合は、冷凍庫での保存がオススメです。

小分けにして、保存ケースに入れておきます。

1週間くらいで食べきるようにしましょう。

 

電子レンジに対応したケースで冷凍保存する場合でも、

温め直すときは、鍋に入れて温めましょう。

カレーは油分が多く、ブラスチックの容器が溶けてしまう場合があります。

 

冷凍保存すると、最初は水っぽく見えますが、

戻していくうちに、もとのトロミ加減に戻っていきます。

適度に水分を飛ばして、ハンバーグのソースやカレードリアにしても

おいしいです。

 

余談ですが、カレーやシチュー、煮物などの

煮込み料理は、温度が下がって冷めていくことで、

食材に味が染み込みます。

何時間もかけて煮込むより、火が通ったら冷ました方が、

味が染みて、おいしい料理になります。

 

「一晩寝かせたカレーがおいしい」と言われるのは、

安全に冷まして保存したカレーのことかもしれませんね。

 

カレーの付け合わせにレタスのサラダもおすすめ。

丸ごと1個のレタスを腐らせず長持ちさせる方法はこちらを参考に!!

レタスは保存方法次第で長持ちする

 

しっかり保存して夏もたくさんカレーを食べよう

 

スパイスがあっても、カレーも食中毒の危険があります。

熱にも強いウェルシュ菌、怖いですね。

常温での保存は、夏場はどんな食材も危険なことがわかりました。

 

みんなが大好きなカレーで、家族が食中毒にならないように、

保存方法に気を付けて、たくさんカレーを食べたいものですね。

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました